審美歯科

むし歯治療・ハイブリッドセラミック直接充填

ハイブリッドセラミック直接充填のご紹介

ハイブリッドセラミック直接充填は、う蝕(虫歯)部分だけを除去して歯に極めて近いセラミックを多く含む有機ガラスを詰める治療法で、歯を削る量を最小限に抑えられる、歯に優しい治療法です。当院で力を入れている治療法のひとつです。 保険用のプラスチックと比較し、セラミック成分が多くて硬い分、詰めるためには高度な技術が必要です。 一般的に歯科医師の技術の差が大きく出る治療法と言われるため、導入している歯医者は限られております。
当院では豊富な治療例がございますので、自信をもっておすすめします。
beforeafter

直接充填法と歯科技工による銀歯(詰め物)の違い

一般的に歯科技工による銀歯では、詰め物が外れないようにう蝕でない箇所も 大きく削る必要がありますが、直接充填法では歯を削る量が極めて少なくて済む特徴があります。
hikaku 直接充填法では歯型を取る必要がないため、治療は原則1回で終わります。 当院で使用する材料であるハイブリッドセラミックとは、超硬質レジンという有機ガラスにセラミックの粉末を混ぜて作ったものです。保険のプラスチックで行う白い歯よりも硬さが歯に近く透明感があり、審美性が良いのが特徴です。当院ではグラディアダイレクトアまたはクラレ社製マジェステイを使用いたします。 なお、ハイブリッドセラミック直接充填で治療可能かどうかは、う蝕の箇所や進行状況によって 変わりますので、ご相談ください。欠損が大きい場合には適しません。

ハイブリッドセラミック直接充填 価格:小臼歯45,000円、大臼歯55,000円(税別)

※歯面や大きさによって変わります。保険診療対象外となります。

ハイブリッドセラミック直接充填の主な利点

  • ・健康な歯質をほとんど削らずに治療ができる
  • ・型をとる必要がなく、短期間で治療ができる
  • ・保険材料のプラスチックと比べると、セラミックならではの透明感や光沢が優れており、変色もほとんどなく、極めて良い審美性を長期間保つ
  • ・保険の素材であるプラスチック系の素材に比べ強度があり、接合面の劣化が生じにくい。
    (細菌の付着が起きにくく、う蝕になる可能性が低い)
  • ・金属を使わずに治療するため、金属アレルギーの心配がない

ハイブリッドセラミック直接充填の主な欠点

  • ・大きな修復には適応できないこともある
  • ・保険適用よりも高価となる
  • ・1回の治療時間が長くなる

ご不明な点がありましたら、どうぞ当院にお問い合わせください。

最新素材e.max

e.max(イーマックス)のご紹介

e.max(イーマックス)は、世界最先端のセラミック素材で出来た最新素材です。突出した強度をもつと同時に、良い審美性を兼ね備えていることが特徴の素材です。 発売されてまだ数年程しかたたず導入医院が少ない素材ですが、当院では豊富な治療例があり、自信を持っておすすめいたします。
beforeafter

一般的なクラウンとの比較

e.maxは、元の歯とクラウンを化学的に接着させることができ、一体化による補強効果が期待できます。
emax

e.max(イーマックス)の素材

e.maxの成分であるニケイ酸リチウム(ガラスセラミックス)はほどよい硬さで、すり減ったり噛み合う天然歯を傷めたりすることがありません。噛み合う天然歯の寿命を延ばし、かつ安全で快適に使用できます。 また、曲げ強度(割れにくさ)は通常のセラミックスの約4倍(400MPa)あります。

素材曲げ強度(割れにくさ)
オールセラミックス80~120MPa
e.max360~400MPa

従来の人工歯との違い

従来の人工歯は、セラミックの粉と水を混合し、高温で焼いて作ります。 その際に水に含まれる不純物や空気中の粉じんなどが入りこむため、人工歯に不純物や気泡が混じることがありました。 それにより全体の色が濁ったり、不完全な結合による強度の低下などが起こっていました。 一方でe.maxは専門工場のクリーンルームで作成したセラミックブロックを使用するため不純物が入らず、高純度安定した人工歯を作成することが可能です。 e.maxにはさまざまな色調のブロックがあり、半透明なので隣接歯によく馴染みます。特に歯ぐきとの境目が天然歯と変わりなく、治したことがわからないほどで、より良い審美性を持ちます。

価格:
e-max(イーマックス):90,000円(税別)
ジルコニアインレー:110,000円(税別)

※歯面や大きさによって変わります。保険診療対象外となります。

e.maxの主な利点

  • ・突出した強度と、優れた耐久力がある
  • ・天然歯のような最適な色、半透明性や明度を再現できる
  • ・天然歯と強固に接着するため、治療部分から虫歯になりにくい
  • ・適度な硬さをもち、天然歯を傷めない
  • ・金属を使わずに治療するため、金属アレルギーの心配がない

e.maxの主な欠点

  • ・透明感があるため、元の歯の色をひろってしまう場合がある(ただし色を遮断する接着剤で解決できます)

ご不明な点がありましたら、どうぞ当院にお問い合わせください。

ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレーのご紹介

ハイブリッドセラミックインレーとは、歯の型を取った後、歯科技工士が作成する詰め物です。 ハイブリッドセラミック直接充填法と比べて、大きめのう蝕でも対応できるのが特徴です。 さらに技工所にて高温で焼成するので、直接法に比べて物性が安定しているのも特徴です。
beforeafter2
当院では材料としてクラレ社製エステニアC&B またはタルギスを使用します。 セラミックと有機ガラスを掛け合わせた素材で、セラミックスの硬さと樹脂の粘り強さを合わせ持ち、 色調、強度ともに優れた材料です。 保険のプラスチックや銀合金の詰め物よりも、審美性が高く、歯にも優しい特徴があります。

価格:70,000円(税別)

※歯面や大きさによって変わります。保険診療対象外となります。

ハイブリッドセラミックインレーの主な利点

  • ・ハイブリッドセラミック直接充填法と比べて、大きめのう蝕でも対応できる
  • ・保険の詰め物と比べて、変色が少ない
  • ・金属を使わずに治療するため、金属アレルギーの心配がない

ハイブリッドセラミックインレーの主な欠点

  • ・オールセラミックに比較すると、耐久性が多少劣る
  • ・型をとる必要があるため、治療に時間がかかる

ご不明な点がありましたら、どうぞ当院にお問い合わせください。