カリソルブ/ペリソルブ

カリソルブによる治療について

カリソルブとは

カリソルブは、歯科用の材料として安全性が確認されている次亜塩素酸ナトリウムとアミノ酸を使用した薬剤です。

健全な軟組織、エナメル質、象牙質には作用せず、虫歯にだけ作用し柔らかくすることができます。
カリソルブは健康な資質をほとんど削ることのない虫歯治療が可能です。
タービンの使用を最小限に抑えられ、ほとんどの治療で麻酔の量を減らすことができます。

神経に触れずに歯を健康的に守る、画期的な治療方法です。

カリソルブの特徴

 

1.壊死組織を柔らかくする

カリソルブの薬は、むし歯になった組織にだけ作用し、柔らかくします。
(むし歯の進行が進んでいる場合、カリソルブ治療ができない場合があります。
また、むし歯が歯の表面から見えていない場合、少しだけタービンで削る場合もあります。)

2.健康な組織を損なわない

虫歯の部分にだけ作用するので、健康な歯には影響がありません。
歯肉にも作用しません。

3.抗菌性

カリソルブを使用する部分を抗菌する作用があります。

4.非毒性

人体に影響を与えません。

カリソルブ治療の流れ

 

1. カリソルブを入れる穴をあける

カリソルブの薬液を注入するための穴が確保できない場合は、タービンで最小限のカリソルブの薬液を注入する為の穴を開ける必要があります。全くタービン無しという訳ではありません。

2.むし歯をカリソルブで30秒覆う

歯のむし歯部分の穴がカリソルブで完全に覆われていることを確認します。むし歯組織が柔らかくなるまで30秒以上待ちます。

3.専用のインスツルメントで除去

カリソルブ専用インスツルメントで柔らかくなったむし歯組織を耳かきの様な専用インスツルメントで除去します。インスツルメントは化学機械的に治療するために特別に設計されたもので、これにより、柔らかくなった感染歯質を取り除きますが、1回で取り切れない場合は、同じ作業を30秒待たずに、穴からむし歯が無くなるまで、繰り返します。

4.虫歯の充填を行う

むし歯がしっかり取れていることを確認し、
虫歯の充填を行っていきます。
セラミック等で最終補綴を行います。

ペリソルブによる治療について

ペリソルブとは

ペリソルブは、カリソルブと同様の歯科用の材料として安全性が確認されている
次亜鉛酸ナトリウムとアミノ酸を使用した薬剤です。
歯垢や歯石だけに作用するので、歯肉を傷つけることなく歯周病治療を行うことが可能であり、
治りも早く、腫れも引きやすいことが特徴です。
また、刺激や副作用のある抗生物質を使用しないため、安心・安全に治療を行うことができます。
歯石部分にペリソルブを塗布すると、歯垢や歯石にのみ薬剤が反応して30秒で溶解し、軟化します。
その後は病巣を取り除いて治療は終了となりますので、楽に施術をすることができます。

ペリソルブの流れ

歯石部分にペリソルブを塗布することで、歯垢・歯石のみに薬剤が作用し、やわらかくするので、楽に歯石をとることができます。
30秒で歯石がやわらかくなり始めます。
強力な殺菌作用がありますので、SC、SRP、PMTC時の細菌の血管内への侵入を最小限に
抑えることが出来ると同時に細菌の口腔外への飛散を防ぎます。