その32(平成30年9月15日筆)
皆さま、お久しぶりです!(笑)

オフィスブログに続き、最近すっかり”詳しいプロフ”の更新をサボってる院長の金村です(笑)

スタッフそれぞれが多忙な中しっかり更新してくれているのに、
”院長、あかんやん!”とのお声を頂戴したので、4か月ぶりに更新しま~~~す(爆)

チーフにはこっそりお話しているのですが、わたくし”ターミネーター”バリの集中力と精神力を持っているはずなのですが、
何処かで自分のプラチナモチベーションを再確認したいと思う週末。。

過去、院長の詳しいブログにも書きましたが、幼少の頃から歯医者になることを決めた(決められた(笑))わたくし、
高校時代は英語勉強のために、好きな俳優さんが出ているVHS(日本語字幕入り)をレンタルで借りダビングし観まくっておりました。

一番好きなスタローン!
彼が出ている作品(ロッキーは勿論、ランボーやコブラ等)はほぼすべてダビング、VHSだったので
テープが擦り切れるほど見た思い出が有ります。
一番好きなシーンは、こちらの3分39秒からラストまで!

余りに見過ぎたため気付くことも多くあり、、
5分28秒ではグローブをしているのに、数秒後のシーンではバンテージだけのパンチングシーンがあったりと、
ツッコミどころ満載であった秀作です(笑)

受験勉強に明け暮れていた日々、浪人が決定した兄の背中を見て(その一年後、無事に東大理科3類、京大医学部、慶應医学部にトリプル合格し雑誌にも出ましたが)絶対に浪人にはなるまいと心に決め、趣味だったエレキギターも封印し頑張りました!

当時は東京医科歯科大学歯学部に”現役!で”入ることだけしか考えておらず、将来どのような歯科医師になり世の中のために貢献したいかなど2の次(爆)
無事合格、6年大学で色々学び、学び足りなかったので大学院にまで進学。
大学での仕事も非常に楽しく、学生指導・研究・臨床と凄く充実していました。
その間に、自分が本当に施術したい臨床とは何かも突き詰められました。

2018年初、今年こそ歯科の3種の神器(笑)でもある
コーンビームCT,セレック、マイクロ(これは昔から有りますね)を全て揃えて、進化し続ける
三越前駅小伝馬町歯科ハルデンタルオフィスになるぞと宣言!

言ってみるものです(爆)

9月17日最終工事が終わればぜ~~~んぶ揃います!

最善の環境で、来院される皆さまにより良い治療・予防を提供出来る医院へとトランスフォームします。

乞うご期待!!!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
その31(平成30年5月27日筆)
皆さま、こんにちは!

虎の門病院前歯科部長、山田先生から未だツッコミが無いことに安堵している院長です(笑)
皆さまも毎日生きていくに当り、参考にしている師匠や心の中で支えにしている考え方・信条がお有りかと思います。

先日の阿部ログで紹介が有りましたが、最近、老眼の進行が激しいわたくし。。
老眼鏡を新調、スコープも新調、、
同世代の皆さまのお感じなように、老いは間違いなくまず目と耳から来ますね。
平均寿命から逆算すると、既に充分下り坂(笑)。
残り少ない歯科医師寿命、あと10年位かと感じております。

で、す、が、、
何度かご紹介しておりますが、3歳から音感教育と称してピアノを(無理やり)習って(習わせれて)いたお蔭で、手先の器用さだけは全く衰えを知りません。
スタッフや患者さまから”先生の治療は早過ぎ!”と言われることが多いですが、師匠でもある山ちんイズムの神髄の一つ、それは治療の正確さと速さです。

東京医科歯科大学大学院時代、一年生は外来で山田先生や講師のアシスタントとして主従するのですが、、
他の先生が30分に一人の患者さんを診ているなか、師匠は違いました。
何と10分に一人、1時間平均名6名以上の患者さんを診る治療スピード!
事前に人数分の器具準備を完璧にしておかないと、思いっきり蹴られます(笑)
現代では考えられないパワハラっぷり(爆)
実際、山ちんが怖すぎて脱落していった他大学生も沢山見てきました。。
でも、その怖さも我々若手を一端の歯医者にするためのパフォーマンスであったことを最近知りました(遅っ)

圧倒的に早く正確な治療を毎日見ていたわたくし、必ずや師匠を越えたいと強く思い、診療後抜去歯(親知らず)を使って必死で治療の練習をしたことを今でも思い出します。
「100回(の練習で)得意技、1000回で必殺技、10000回で神業になる!」との師匠の言葉を信じ、実験の傍らむし歯や神経の治療の練習、しまくりました。

山ちんのお蔭で、今のわたくしが有ります。
わたくしの自慢その2でした!(笑)
その3は、またの機会に!!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

その30(平成30年5月3日筆)
なんと3か月ぶり(笑)

またまた、昔から通ってきて下さっている患者さまからの指摘(笑)
更新頻度遅すぎ、重すぎ(爆)
あと、最近内容がオフィスブログや豆知識と似通って面白くないとの厳しい指摘!

解りました!!ここでは本当のことだけを包み隠さずお話します(笑)

FBでちょいちょいアップしている御仁。

虎の門病院前歯科部長の山田先生です。
わたくしと同世代で、東京医科歯科大学歯学部を卒業した方々にはお馴染み(笑)、”山ちん”、いや、”びんげん”さまで~す。
(山田先生、ごめんなさい)

先日、新橋にある金田中(高級料亭)に呼び出され(笑)、色々ご教授頂けました。
あの山ちん、いや、山田先生と懇意にしている金村院長って、な~に?
と思われた皆さまへ少し補足。

実は、わたくしが東京医科歯科大学歯学部第一保存大学院に入局した時の担当講師であったことがご縁で、4半世紀以上可愛がって貰っております。
わたくしが大学院2年生のときに、虎の門病院歯科部長として栄転され、医科歯科をご退職されました。

つまり、山田先生が直接指導出来る最後の大学院生!
指導は、、めっさ厳しかった~~(笑)
本来お休みであった土曜日もあったりまえのように登校、それは、大先生が持っておられた研究ノウハウを全て伝授するためと知ったのは最近(遅っ)。
お蔭で学位論文も早々に書き上げられましたし、何より、ご紹介頂いた人脈が凄すぎました。

流石にここでは詳しく書けませんが、現在、日本の舵取りを任されている大臣や事務次官が挨拶に来るくらいの御仁です(驚)
歯医者としての腕も最高で、教育者、研究者としても超一流!
(当時、歯科保存学会で山ちんが質問すると、演者たちは震え上がることが多々有りました。)

わたくしも保存学会でご一緒して何度も見たのですが、演者が自分の学位論文作成前の実験データを示した発表の際、、それが患者さんの歯を実際に使ってのものの場合、、、
突っ込み(質問)が怖すぎました。
これも日本の歯科大学院に”あるある”なのですが、教授から貰ったテーマを何となくこなして学位論文にする、、これはある程度仕方ないのですが、実際の患者さまの口腔内で行った治療データを纏めたテーマになると、非常にアツいツッコミ(笑)

「殊更取り立てて、その新しい材料を患者さんに応用した理由は?」

「まさか、ご自分の学位論文のためにその材料を患者さまに使った訳では無いと思いますが・・・」などなど。。

途中で若い演者が泣きそうになり、慌てて担当教授がマイクを借りて説明するハプニングが続発(笑)
これにもきちんと意味が有り、若い研究者に対する期待と愛情の現れで、
また、決して自分で自信が無い治療はするなという警告でもありました。

一子相伝でもある(笑)山田イズムを伝承したわたくし、500%自信のあることしか致しません!

詳しい山田イズムは、またの機会に!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
その29(平成30年2月3日筆)
皆さま、ご無沙汰しております(笑)

昨日、長年通って下さっている患者さまから
「最近、詳しいプロフ、更新、、どうしたんですか、、、」
と言われたからではないですが(爆)、新年一発目の更新!!

わたくしの豆知識の続きをこっそり。。
アップした術前写真はこちら、

左側に2本見えるピンクの物体は、ガッタパーチャーという、神経が入っていた管を埋める材料です。
上の歯の第一大臼歯(前の歯から数えて6番目の歯です。6歳臼歯とも言いますね)、根っこが3本なので神経が入っている管も3本と、日本の歯科大学で教わることが有りました。(今はそうでもないですが。)
このかたは、ご主人さまからの紹介で来院され、他院で神経の治療が終わって被せ物を作る段階まで診療が進んだにも拘わらず、違和感が消えずこのまま詰め物を作って大丈夫か心配で来院されました。

レントゲンを撮ると、まあそこそこ綺麗に3本お薬が入っておりました。
何度も担当医に「治療を重ねても、違和感が消えないのですが。。」と訴えておられたそうなのですが、最後に担当医が放った一言!!
「根の治療に関して良くあることで、気のせいです。ちょっと気にし過ぎですよ!」
おいおい、、、気のせいって、、、
もうちょっと患者さんの訴えに耳を傾けようね。(自戒も含めです(笑))

上の6番目の歯は、根の数は確かに3本なのですが、神経が入っている管は4本あることが結構(と言うか殆どですね)有ります。
何を隠そう、わたくしが大学院卒業直後右上の6番目の歯が2次虫歯で凄く痛くなり、神経をとる治療を、初台にて歯内療法専門で開業された井澤先生に(私が臨床実習でお世話になった先生)して頂いた際、しっかり4本ありました。

で、レントゲンから4本目が有ると確信したわたくし、
患者さまの同意を得て探索させて頂いたところ、、

30倍近い拡大で、やっと何となく見えた”処置されていない根管入口”を見つけました。(この写真は、超音波でかなり触ったあとですが)

これを肉眼で見つけられる人、いらっしゃたら紹介して下さい!当院の副院長としてお迎えいたします(笑)。
ですが、見つけられても中を無菌にしないと意味が有りません。
ディズニー映画ファインディングニモで一躍有名になった”ゲーツドリル”を使って、入口を少し広げます。

はい!第4根管発見!!
後は通法に従い、根の治療をするだけですね。

当院で、根の治療を最初から最後までわたくしが拝見する場合、それなりのチャージが掛かります。
ご自分の歯の保存、口腔内環境の改善、ひいては常に全身健康でありたい!というこだわりのある患者さま、歓迎致します!!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

その28(12月31日筆)
皆さま、こんにちは。
早いもので、もうすぐ2017年も除夜の鐘を迎える時期になりました。
オフィシャルブログにも書きましたが、今年は三越前駅小伝馬町歯科ハルデンタルオフィスにとって激動の365日でした。

むか~~しこのコーナーで披露しましたが、現在のチーフ石垣くんをはじめ、サブチーフの阿部くん、同じくサブチーフの加藤くんら優秀なスタッフが当院に加わってくれた辺りから、今後の病院の方向性を明確に示し、残り少ない歯科人生を如何に過ごし、自分が最後を迎えるときにこう言えるようにするにはどうすれば良いかを真剣に考えました。

わたくしが心から尊敬する水天宮前歯科院長真鍋秀樹先生が小生に教授して下さった深イイ話に、自分の死(葬式)を意識することで(自分の葬式で皆にどういった送られかたをしたいか)、自ずとして道が見えて来ると。
真鍋先生は仰いました。
子供たちに、「パパの子供で本当に良かった。」と言って貰える人生を今後歩むこと。

そのお話を聞き、わたくしの中で何かが変わりました。ほんの3年前位までのわたくしは、本当に”頑張る”を地でいく院長(頑張るの「本当」の意味は、ひたすら「我を張る」という意味であることはご存じでしたでしょうか)でした。
スタッフの出来ない事ばかりに目が行き、少しでもミスをすれば激怒タイプ(笑)。
非常にストイックで、全ては患者さまの幸せのため!と、厳しい自分の生き方・接し方に全く疑問すらも持たなかった時期も有りました。数は少ないですが、超厳しかったころのわたくしを知る患者さまやスタッフから、チョイチョイメールや年賀状を頂戴するのが本当に励みになります。

2017年初頭から歯科専門のコンサルタント会社に尽力頂いたことも大きく、自分一人では何も出来ないことも身に染みて、理解出来た一年でも有りました。

患者さま皆さまは勿論、スタッフ、縁の下の支えとして尽力下さった多くの皆さまに心から感謝しながら除夜の鐘を聞く予定です。

来年も進化し続ける当院を、どうぞ宜しくお願い致します。

最後になりましたが、わたくしが大好きな曲を皆さまにお贈りしますね。

院長でした!!!

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

その27(12月17日筆)
皆さま、こんにちは。

今回は2週間も空いてしまいました・・・

本日は、早朝から神谷町にお出掛けして来ました。
うちのルーキー福本くんも休日返上でホワイトニングセミナーに参加、勉強している、はず(笑)。
まだまだ僕も、若いスタッフに負けられません!!!

豆知識で告知した通り、港区麻布台にあるデンツプライシロナ本社で開催された
歯内治療のセミナーに参加して参りました。

神谷町駅から約10分ほど歩いた場所にセミナー会場があるのですが、途中
色々な誘惑を断ち切りながら(笑)無事到着!

今回の講師は、私より年上の神奈川歯科大学副学長の石井信之先生。
東京医科歯科大学歯学部大学院を卒業してうん10年。。。
セミナー講師が年下の先生であることも良くあり、先日チーフの石垣くんと参加したセミナーでは
大学院時代可愛がっていた後進が立派な講師ではあーりませんか!
講演が始まる前に背後から「かねむらせんせーい!ご無沙汰してま~~~す!」と挨拶され、他の参加者の先生から不思議な眼差しで見られることも慣れました(笑)。

先日の歯周治療のセミナーは、ブーブー豚さんの 顎を使った実習のお陰で、暫く豚骨ラーメンが食べられなくなるハプニングに見舞われましたが、今回はアクリル模型だったので良かったです。

今回もハンズオンセミナーで、わたくしが普段臨床で使用しているシステムも結構使用しており、改めて時代に乗り遅れていないことも確認出来ました。
しかーーーし、学生時代に学んだ内容とは全く違う事も多々ありまして。
(当然、卒後も勉強会や研修で常に知識のブラッシュアップはしており大体は知っていて安堵(笑))

例えば根の中を洗う洗浄液ですが、在学中は次亜塩素酸とオキシフルで、、、と学びましたが、
オキシフルの洗浄は全く意味が無い(害が無いだけまだマシですが)とのことです。
幼少の頃、赤チンを傷口に塗っていた母親のことを思うと可愛いものですが(笑)。

で・す・が・、ここだけのはなし。。。
これも有名な話ですが根の治療途中に入れるお薬、25年ほど昔はホルマリンやフェノール系でした。
実はこの薬液が開発、販売されるようになった当時から、医科の先生含め各方面から発ガン性やアレルギー、生殖器への悪影響を指摘されていたにも拘らず。。。
今でも結構使われている先生も多いようなことを本日聞いてまいりました、、、
所謂、歯医者くさい”あれ”です。。。

ラットの実験ですが、5分間嗅がせただけで脳をはじめ、ありとあらゆる臓器に蓄積される事実・・・
分子量が小さいだけに、中々排除されない事実・・・(ご心配なかたは、ホルマリン・クレゾールで検索してみて下さいね。アマルガムなんかより桁違いに問題が多い薬剤だと僕は昔から感じております。)

販売しているメーカーさん、ごめんなさい!でも、わたくしは元々買ってないので影響ないかな?

歯科の常識は世間の非常識ということも結構有るのですが、マスコミもハンドピースの使い回しを問題にする時間があれば、この辺を追求したほうがよっぽどか国民の健康余命延伸のためになると思うのはわたくしだけ?
日本の少子化、、、この辺にも原因が有りそうとの深イイお話でした。

最後に記念写真をパチリ!

向かって右側の綺麗な女性は、若くして准教授に抜擢された武藤先生です。
基礎系の大学院を修了され、今では臨床系の助教授!カッコ良すぎです!
また、顕微鏡を使う治療の学生実習ヘッドライターもなさっており、
更に、保存学会でのガイドライン作成委員会の選抜メンバーとのこと。
来年6月の歯科保存学会でお会い出来ることを楽しみしております!

では!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

その26(12月4日筆)
皆さま、こんにちは!
今回の更新は約1週間ぶり。

このコーナーの更新は、まったりした日曜日の夕方と予想されている皆さま!
そんなことはございません!
日々忙しく奔走しておりますが、たまに皆さまに披露したいことがあったらチョイチョイ書いております!!!

本日、夕方お見えになられたメインテナンスの患者さまから嬉しい言葉を頂戴したので、俄然張り切っております(笑)。

チームメイトのブログもそうですが、わたくしの詳しいブログも読んで下さっているようで
”虫歯じゃないと、先生に会えないのかと思っていました・・・”との有り難いお言葉(嬉し泣)。

そんなことはあーりません。何時でもご指名下さい!4Fでも2Fでも速攻で飛んで行きますね。
メインテナンスの大切さをご理解下さり、チェックアップやプロフェッショナルクリーニングのために来院して下さり、
私たちも本当に嬉しいです!!!
何も無い状態が当たり前で、それがいつまでも続くよう、担当衛生士含め医院一丸となって一生関わらさせて頂きます!

別件ですが、昨日チーフ石垣とルーキー宮本と一緒に、このセミナーに参加して参りました。

講師の牛窪万里子先生、元NHKアナウンサーでめちゃ綺麗・・・、ではなく、めちゃ滑舌・発声が綺麗でした。

ご存じのかたも多いので今更ですが、めっさ早口で聞こえずらい!更に低音!!のわたくし、牛窪先生の判定基準でいくと福山雅治に近い!?らしいのですが、(福山ファンの皆さま、ごめんなさい!)兎に角、自分の言いたいことが伝わらないことが結構コンプレックスでした。
でも、、、自分でそれを自覚し、直そうと努力をすると・・・
あ~ら、不思議!
今日はスタッフから聞き返されることもなく、インカムでも最高の伝わり具合(笑)。

セミナーの要点をまとめさせて頂くと・・・

1)腹式呼吸を普段から意識すること。吸うときはお腹を膨らませながら、息を吐くときに両手をお腹に添えて抑えながら息を吐く。女性は特に腹式呼吸が苦手だそうです。第一声はお腹から!

2)母音のアイウエオをまず普通に言ってみて、次に鼻をつまみながら同じ音に聞こえるようオイウエオを言う練習をする。
(これを上手くするコツは、舌を上に挙げない、鼻腔に空気を漏らさない舌の動かし方をマスターする・・・etc)

3)助詞を強調しないこと!
それ~~~、マジ~~~、ありえへ~~ん(笑)。

これからの歯科界を支える若い衛生士さんたちに埋もれておりますが、有意義な時間でした!

お読み下さり有難うございました!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

その25(11月26日筆)

皆さま、こんにちは!
ほぼ2週間ぶりの更新(遅!)です。

昨日、当院お得意の改装工事も(予定時間を大幅に過ぎましたが)無事終了し、ほっとしております。優れた滅菌器としては比較的良心的な価格とはいえ、これとほぼ同額・・・。

 

 

 

 

 

これにタイヤとハンドルが付いて、一人でも乗ることが出来、公道を走ることが出来れば納得。

歯科業界は斜陽産業と言われて久しいですが、それでも国家予算計上ベースでは年間約2兆円前後の規模。2兆円って・・・凄い数だと思いきや・・・、全国に約7万件ある歯医者で均一に割ると、1医院当たり約285万円です(泣)。売り上げだけで換算すると、一年間の総売り上げが皆さまの年収とほぼ同じか少ないくらいですね。マスコミさんが雑誌等で書かれている歯医者の年収の根拠はこの辺にあります。また、コンビニより歯医者の数が多いと良く聞かれると思います。

先日、某有名大学の教授と懇談する機会がありました。次世代を担う若手のDrを教育する立場の教授で、歯科界(開業医)の現状も本当に良く把握されており、国策として現在行われている歯科医師国家試験の難解さ(歯科医師削減のため)に、常に声を大にして異を唱えておられる先生です。

彼に言わせると、歯医者がコンビニより多いのは10年以上前からで何もここ最近のことでもないし、7万件といってのその65%以上は45歳以上(やばっ・・・わたくしも含まれる年齢・・・)。
よしんば20年後に定年を迎えるとしても、将来圧倒的に歯医者が足りなくなるのは明らか、国家試験で新しく歯医者になれる歯学部生を年間2000人という制限はちゃんちゃらおかしいとのことでした。

でも考えてみると、歯医者の増加に伴い国民の皆さまの口腔内環境は本当に良くなっているのかというと、そうでは有りません。
歯医者に行ってもろくに歯の磨き方も教えてくれない、保険と自費診療の違いも教えてくれない。
わたくしが在籍していた東京医科歯科大学歯学部第一保存の初代教授でもある総山孝雄先生がこう言っておられました。

「敗戦後、近代歯科医学をアメリカから学んで歯科を目指す若者たちに教授したにも拘わらず、日本独特の保険医療制度のため、本当に良い治療を国民が享受出来ていない。」

(写真左上、長身美男が心から尊敬する総山初代教授です。)

わたくしごときのブログで総山先生のお言葉や写真を引用し同窓の先生から怒られるかもしれませんが、全くその通りだと思います。

自分の大切な肉親に行うであろう治療を皆さまに提供し続けたいわたくし、自己投資し続けます!

今回のセミナー開催場所は、幸いにも自宅から歩ていける場所(笑)。
豚さんにもご協力頂き(歯科や眼科、皮膚科で最も実習に活用される献体)、
明日からの臨床に行かせるよう、勉強して参ります!

題名通り、このセミナー参加者は
これから開業されるであろう若い先生ばかりだと思います。
インストラクターの先生よりも間違いなくわたくし・・・年上(笑)。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

その24(11月3日筆)

みなさま、こんにちは!

今日は文化の日ですね。各学校で文化祭、早い大学ですと推薦入学試験が開催されますね。毎年文化の日は晴れて過ごしやすかった記憶があります。早朝はまさかの雨でしたが、8時過ぎから秋晴れ!気持ちいいですね!

さて、本日は、当院で新しく採用したアイテムをご紹介します!

じゃーーーん(笑)

新しい診察券です!(笑)。

とは言っても、皆さまにこのカードをお渡しするのではなく、当院の診療方針に賛同して頂けた患者さまで、メインテナンスにもキチンと通って下さる患者さまのみ使用出来るこのカード、特典も盛り沢山!

最大の魅力は、まず予約が優先的に取れる!また、休日等に急な痛みやお困りなことがあっても、直ぐに院長にコンタクトが取れる連絡先が(裏に)書いてある、ことでしょうか。その他の特典は。。。貰った人だけが知り得る秘密(笑)。

現在、更にアッパークラスの患者さま専用のプラチナカードやセンチュリオンカード(所謂ブラックカード)も作成中です。

プラチナカードとセンチュリオンカードは年会費が発生しますが、それに見合った歯のコンセルジュサービスが受けられます。どうぞご期待下さいませ。

歯科ドックも、12月から本格稼働すべく頑張っております。こちらも宜しくお願いします!

院長でした。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

その23(10月29日筆)

みなさま、こんにちは。

紆余曲折が多々有りましたが、やっとHPも本格稼働することが出来ました。

これもひとえに、今回の改正にかかわって下さった皆さま、特に池田さまと山本さまには心より感謝申し上げます。

なんと加筆は3か月ぶり、殆ど忘れ去られていたこのコーナーもやっと復活しました。

今日は、皆さまにとっておきの情報をご紹介いたします。

先日のブログで医学部と歯学部の違いについて少し申し上げましたが、更にわたくしがチーフ衛生士の石垣くんと最近参加したセミナーでヒントを得て、当院に落とし込もうとしているプロジェクトがございます。

それは、当院独自の歯科ドックの新設です。

医科では数十年前から、多くの病院・診療所が人間ドックを採用し、既に健康創造型医科医療を実践されておりますが、歯科に遠慮してか(笑)、本格的な口腔内の精査を行っている人間ドックはごくわずかです。

全身疾患と口腔内環境の様々な関連は、医学部の先生主導で科学的に解明されて久しいですが、お医者さんは頭のてっぺんからつま先まで学ぶのに6年、我々歯医者は口の周りのことだけ勉強するのに同じ6年掛けているのに、本当の意味でプロフェッショナルと呼べるにふさわしい仕事をしているのか、医科の先生から見るとまだまだ不充分とのことです(泣)。

かなり前に詳しいプロフで書いたかもですが、小学校時代同じ塾に通っていた2年上の兄(わたくしが共学に進むきっかけを作ってくれた有り難い長男(笑))は、その後医学部に進学。また、ひと回り下の弟も大阪で医者をしており、次男である私は、”だんご3兄弟”の歌そのままですね。

驚くことに、兄弟2人が勤務する病院(千葉の松戸と大阪市内)の入院案内のトップに、”入院前に、かかりつけ歯科医にてむし歯、歯周病の治療を完了させて下さい、また、定期的に歯ぐきのチェックを受けるようお願いします。”と書いてあるではありませんか!

両病院とも歯科診療室が入っていないための措置だと思いますが、医科の先生は既に口腔内に”万病のもと”が潜んでいることを知っております。

そ・こ・で・・・

当院は、健康創造型歯科医療のコンセプトのもと、皆様のお口の状態や生活習慣などから、むし歯や歯周病の発症のリスクをチェックさせていただき、各自に合わせた予防プログラムを組み、定期的にお口の健康管理を行うプロジェクトを新たに立ち上げます!

詳細に関しては後日HPで発表致します。

乞うご期待!!!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

その22(7月30日筆)

皆さま、

おまっとさんどす(笑)。

2週間ほど更新をしていませんでしたね。。。

”金村先生、お元気ですか、最近ブログ更新されていませんがどうかなさったのですか?”と、メールを下さった皆さま、ご心配をお掛けして申し訳ございません。

めっさ元気にしております(笑)。

皆さま、プロモーション動画は見て頂けましたでしょうか。

完成度はあまり高くないですが(笑)、中学・高校時代を道場で一緒に過ごした仲間たちからはおおむね好評でした。

変な関西弁が入り混じる動画をみて触発されたのか、先日、道場で6年間一緒に過ごした仲間たちが、4Fのケアルーム増床祝いに来訪してくれました。

折角なので、会食後、記念写真をパシャ!!!


 

さて、わたくしはどこでしょう(笑)。

写真がメチャ暗いのには訳が有りまして。。。

約30年ぶり!に会った同期の桜くん、先日、某有名な党のイケメン枠から立候補し見事トップ当選(笑)。

イカツイSPやマスコミさんが付いてきてしまうと、来院患者さんにご迷惑お掛けしますので、完全にお忍び状態(笑)。

いずれ国政でその力をいかんなく発揮してくれると確信、全面的に応援することにしました。国会議員になったら、写真を解禁しますね。

他のメンバーも、それぞれの立場で皆さまの役に立つべく日々奮闘しておりました。

先生たちがどうしても尊敬出来ず、小言をちょいちょい言われるのが苦痛で仕方が無かった道場ですが友人は別です。

お互いええ年のオッサンになってじっくり話が出来た時間は、本当に有意義でした。

 

自由を求めて、道場が終わり次第、河合塾の自習室で勉強しまくっていた頃を思い出しつつ。。。

 

河合塾大阪校があった西中島南方(長い駅名ですね)”にしなかじまみなみがた”と読みます。

西の南のほうって、、、訳わからん駅名(笑)。

梅田が近かったので、塾での授業が終わったら。。。勿論、ゲーセンへGo!!!していたのは

ここだけの秘密です(笑)。

何事にも、ケジメが大事ですね。

 

おおきにでした!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

その21(7月9日筆)

皆さま、

はいさい!

今日は東京で35℃!という猛暑日。沖縄より暑い・・・、ありえへん。

熱中症には気を付けて下さいね!

 

先日の七夕さまの日、皆さまは何か願い事をされましたか。

わたくしの5歳の娘は、こんなことを書いて笹の葉に飾っておりました。


 

読めない・・・(笑)。

実は、こんなことが書いてあります。

”一番上の鉄棒で、空中逆上がりが出来ますように”、

幼稚園で、鉄棒遊びがプチブームになっているようで、誰かに似て

負けず嫌いな次女、暑い中近くの公園で特訓中・・・、ということは、

それに付き合っているわたくしもまさかの炎天下!!!

中学~高校とサッカーをしていて良かったです(笑)。

雨天決行の競技だったので、どれだけ暑くてもどれだけ雨が降っていようとも

屋外でプレー。あの頃の経験がこんなところで役立つとは(笑)。

 

昨日7月8日には、北千住にあるラジスト歯科さんで歯科用CTの勉強会に

参加させて頂きました。モリタ社の最高機種CTを使って、

主に読影や操作法についてご教示いただきました。


 

院長の新井嘉則先生は日本大学歯学部の特任教授で、

日本歯科放射線学会の理事・指導医もなさっているとてもエライ大先生。

お初にお目にかかるため、失礼があってはいけないと思い

屋外気温34℃のなか、ダークスーツに白シャツ・ネクタイで

お邪魔しました(笑)。

ここでも、道場で学んだ”目上の人を敬う態度・姿勢”が役立ちました。

あれだけ通学するのが好きでなかった中学~高校でしたが、

今となっては良い思い出になりつつあります。

 

因みに、道場に通っていたころ、この方に似ていると

もてはやされたことは・・・


 

ここだけの秘密です(笑)。

 

では、皆さま

んじちゃーびら!!!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

その20(7月1日筆)

皆さま、リーホー。

先日来、ブログその他で予告させて頂いていた予防専用フロアが

遂に完成しました!

実際に稼働してみて、最初はあれが無いこれが無い(”^ω^)状態でしたが、

スタッフ全員が工夫してくれて、立派な(笑)ハルデンタルケアルームが竣工!

皆さまのメインテナンスでフル活用しております。

7月メンテの皆さま、ご期待を!

 

話は変わりますが、2Fも負けておりません。

本日(7月1日)、受付後ろのスペース(ロッカールーム)を

カウンセリングルームとして全面改装しております!

8名分のロッカーを処分したところ、そこそこ広めの小部屋が出現(笑)。

これが改装前・・・


 

当院では開業以来、初診でいらっしゃた患者さまからお話を伺う時間や、

治療方針のご説明に力を入れておりました。

受付で治療椅子でお伺いしていたのですが、やや込み入った内容をお話するのに

落ち着いた場所が必要だと感じて早15年(笑)。

総勢8名分のロッカーで埋もれていたエリアが、

月曜から(7月3日)立派なカウンセリングルームとして稼働します。

いつも土日限定突貫工事に尽力下さる職人さんたちに、心から感謝致します。

改装中、

 

 

改装後の写真は・・・次回をお楽しみに!

(7月2日(日)早朝でこの状態です・・・)

ということで、わたくしはこの週末も病院にて現場監督(笑)。

 

壁紙を張り替える前に、旧壁紙下に出来た壁の細かい凹凸を消すためにパテも登場。

プラモデルで良く使っていたものと違うのは水溶性というだけで、

結構楽しそうな作業だったのでお手伝いも。


 

職人さんの邪魔にならないよう気を付けつつも、壁紙の貼り方のコツ等

伝授して貰っているわたしって・・・(笑)

 

では皆さま、

ザイジェン!!!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

その19(6月10日筆)

 

皆さま、

ボア タールジ!

4F予防歯科専用フロア工事も終盤を迎え、14日に日本橋消防署さんの防災点検を受けて

承認を頂戴出来れば本格稼働出来ます!

2Fのクールな治療メインフロアとは異なり、まるで自宅のリビングで歯のメインテナンスを

受けているような”癒し”をお約束します。

詳細に関しては、順次、ブログ等でアップしますね。

 

この土日に細かい工事が集中しており、本来休める休日に出勤して下さる職人さんには

頭が下がる想いです。

本当に有難うございます。

 

HPにも載せていますが、東京都下には約2万件の歯医者がひしめき合っております。

スタッフとも常々話をしていますが、当院を選んで下さったお一人お一人の患者さんに

もっと良いサービス(治療技術は勿論、説明やアフターフォローも含め)を提供出来るよう、

日々邁進していきます。

 

今回、わたくしが観て興味深かった動画を紹介します!

お時間が無いかたは、16分50秒からご拝聴下さい。

”サンキュー”と、”有難う”の違い。。。かなり深イイですね。

”おおきに、有難う!”が溢れる診療所になりつつあります。

ここでまさかの・・・、

オブリガード(笑)!

 

では皆さま、

チャウ!

 

追伸、昨日自宅に郵送された東京医科歯科大学歯科同窓会会報で、非常に嬉しいことが記載されていましたのでアップします!

65ページに、大学院時代(実はわたくし、田上先生が第一保存学教室の教授に就任された年に初めて入局した第一期生(笑))に公私ともども大変お世話になった田上教授が、歯科界では最高栄誉賞とも称される、

Wilmer Souder Awardをこの3月に受賞されました!!!

医科歯科では約23年ぶりの快挙です!!!

 

本当におめでとうございます。


田上先生は小生夫婦の仲人でもあり、

当時お嬢様やご子息が受験でお忙しいなか、仲人を快く引き受けて下さいました。

重ねて御礼申し上げます。

近日中、医局にお祝いを持ってお邪魔します!

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

その18(5月28日筆)

みなさま、

アンニョンハシムニカ


4Fのメインテナンスルーム工事に関して細かい打ち合わせや進捗確認、学会参加、

インプラント研修と、過去かつてないくらい週末家に居られない今日この頃。

 

自宅PC横において有る卓上カレンダーを見ると、なんやかんやで8月下旬まで

土日スケジュールが埋まり。。。

 

全ては自分の夢を具象化するための準備だと言い聞かせながら、この曲を聞きながら

投稿しております。

当時わたくしは中学生、2年上の兄と一緒にこのドラマをリアルタイムで泣きながら

観ておりました(笑)。

 

花園ラグビー場へ、自転車で行けるところ(東大阪の瓢箪山)に住んでいたころが懐かしいです。


 

 

 

 

歌詞の中で何度も連呼される、

命より重い夢を抱きしめて走れよ!

深イイです(笑)。

 

今改めてドラマを観て開業時の初心を再確認、明日からも元気一杯笑顔で頑張りますね!

 

では皆さま、

チャ ト マンナヨ (笑)

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

その17(5月14日筆)

みなさま、

アパカバール!


既に皆さまもご存知なように、

先日、母校で世間を震撼させる痛ましい傷害事件が起きました。

 

本当に悲しい出来事で、言葉にならないというのが正直な気持ちです。

当日、当院で活躍中の柿内先生のラインに詳細が投稿され、

直感で男女の痴話が原因ではと感じたわたくし。。。

結果、やはり原因は。。。

 

同窓の先生からの批判は重々承知なのですが、加害者ばかりが

責められるべき案件ではと思います。

(でも、何があっても、映画ランボーみたいサバイバルナイフや包丁を仕込んで

仕返しに行くのは絶対ダメですが。)

こんなことで、母校がマスコミに出るのが一番嫌いです。

 

気を取り直して・・・

 

今日は母の日ですね。

当院で働いてくれているスタッフに、初任給を渡すときやバースデープレゼントを渡すとき、

何時も私が申し上げている言葉が有ります。

 

”誕生日は、自分が生まれたことへの喜び・祝いだけでなく、

生んで下さったご両親(主に母親ですが)に心から感謝する日です。”

”初任給は、社会人になるまで立派に育てて下さった

ご両親に感謝するために使いましょう!”

 

これらの教えは、小生が中学高校を過ごした道場の初代校長、上村先生がことあるごとに

言っていた言葉です。

当時、(ちょと)やんちゃだったわたくし、全く意味が理解できず???????

聞き流していた言葉でしたが、

この歳になって、本当の意味が解りつつ有ります。

 

みなさまも、心広き女性(男性も)になりたいと想ってらっしゃると思います。

他人を見て腹が立つというのは、自分自身への恐れの裏返し。。。

理想像を他人に押し付けるのは傲慢でしかない。。。

理解と誓願、深いお言葉ですね。

激怒型で瞬間湯沸かし器でもあった母親も、去年70歳の大台を越えました。

母親からシバかれまくった中高時代を思い出しながら(笑)、

感謝の言葉を伝えるため大阪に電話する予定です。

 

では、

スラマッジャラン!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

その16(5月5日筆)

皆さま、

メルハバ!

 

GW真っ只中、皆さま如何お過ごしでしょうか。

友人たちが、SNSを通じてGWを満喫している様子を送ってくれます。

何時もお世話になっているかたが、やたらと

「このGWは久しぶりに連休がとれるので・・・」を

お休み前に連発していたのを不思議に思っていたのですが、

 

やはり・・・・・・

 

家族でグアム!!!(笑)


 

 

 

 

 

現地は天気も良さそうで、良い家族サービスになっていると思います。

山本さん!この連休中に沢山宿題メールを送ってしまったことは・・・

ここだけの秘密にしておきます(笑)。

 

さて、わたくしはというと・・・

6月ビッグサプライズのための工事が昨日から本格的に始まり、様々な手配や依頼に奔走中。

ビッグサプライズの内容ですが、来院して下さっている皆さまは

1Fエレベーターホールの告知で既にご存じかもしれませんが・・・

 

新生、三越前駅小伝馬町歯科ハルデンタルオフィスは、4Fテナントを新たに借りて

ケアルームを増設します!!!

 

かなり前の院長ブログで申し上げたように、”予防こそが最良の医療”をスローガンに掲げて

苦節約1年。構想がやっと現実なものになりつつあります。

気になる内装ですが、シャープな2Fのイメージとは違い、メインテナンスにいらっしゃる皆さまがゆったりした気分で施術を受けられるよう、こんな感じの暖かい雰囲気になります。


 

(これはあくまで参考予想図です。

本当は、もっと洗練された癒し空間になります(笑)。)

 

 

今までは、治療を受けられるかたと、メインテナンスを受けられるかたが同じフロアで

混在してしまう状態でしたが・・・

 

尊敬する大先生から、「それはあかんやろ。」とのダメ出し、

素直な私は「ほな、増設しまっさ」とあっさり増床を決定、今日に至ります(笑)。

 

何でも早めにしないと気が済まない”いらち”なわたくし、

中央区商工業融資の決定が現時点(5月5日)でまだ下りていないのに、

内装工事業者さんと歯科ディーラーのKOデンタルさんと契約。

無事に融資が受けられることを切に願っております。

 

4Fの進捗に関しては、その都度ブログ等でアップしていきますね。

歯周病ケアには必須の、こんな秘密兵器も導入予定です(笑)。


 

ではみなさま、

ホシュチャッカル!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

その15(4月29日筆)

みなさま、グーテン ターク!

 

来院して下さっている皆さまはご存じかもしれませんが、

新人衛生士2名もファーストインタビューや、わたくしの診療補助に活躍してくれるように

なりつつあります。

この1カ月、本当に良く頑張りました。

 

お二人をお迎えする前から、先輩たちが細かいところまで網羅した教育システムを構築し

早く皆さまの健康増進に役立てるよう指導してくれているお蔭で、

予定よりかなり早く患者さまの担当に就けられそうです。乞うご期待!

 

4月の第2~第4火曜日夕方、診療時間を短縮し皆さまにはご迷惑をお掛けしました。

浜町公園へ花見に行っていた訳ではございません(笑)。

 

この時期、私が公私共々大変お世話になっている東京医科歯科大学の大先輩、

真鍋秀樹先生の診療所・水天宮前歯科さんで新人教育セミナーが開催されます。

どあつかましく、毎年、当院の新人も参加させて頂いております(笑)。

本来ならば院長である私も率先して参加、皆にフィードバックすべきところなのですが、

衛生士5名という大所帯になり流石に椅子の数が足りなく・・・、

わたくしは最終日の飲み会のみ参加(爆笑)。

 

大成功されている診療所で勉強が出来、スタッフ一同のモチベーションも上がって、

本当に感謝しております。

後は、如何に今回のセミナーで得た貴重な知識を当院に落とし込むかですね。

みなさ~ん、7段階のデンタルエレベーション実践できるよう頑張ってね(笑)。

 

今回、当院の新人だけではなく、若くして事業を起こして成功されている皆さまに

お贈りする動画は・・・、

 

 

好意ある働きかけ、共感による傾聴、本当に重要なのでみんなマスターしてね!

 

また今回、卒業した指宿先生の尽力により、新しくDr2名を繋がり採用出来ました!

イブちゃん、おおきにね!

新人Drに関しては、わたくししか教えることが出来ないので(笑)めっちゃ頑張る所存です。

まーかせーなさーい。

 

ゼーエン ヴィア ウンス ヴィーダー(笑)。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

その14(4月16日筆)

みなさん、コモ ボォセ エスタ!

新人衛生士が2名来てくれてから、早や2週間が経ちました。

それぞれが毎日忙しい中にも研修を重ね、技術的なことは直属の先輩衛生士に学び、

社会人・プロとしての在りかたはチーフから学んでおります。

皆さまのお役に立てる”プロ”を目指し奮闘中ですので、どうぞ優しく見守って下さいませ。

 

本当に毎日頭が下がる思いです。

あれっ? 院長は、新人教育で何しているの???

そう思われた皆さま、ご心配なく(笑)。

毎日、新人と教育係に日報を書いて貰っては、チーフと一緒にそれぞれに感想やアドバイスをしております。

 

やはり歯科衛生士という職業を選び、国家資格を取得した新人や幹部、全員非常に繊細な心を持っています。

日誌を毎日読んで返信するにつけ、新人だけでなく幹部も毎日憂い悩みながら仕事をしていることが良く解ります。

そんなチームスタッフや、この4月から新社会人になられた人たちにお贈りする動画です!

(当院を卒業した指宿先生、新しく尽力下さる柿内先生も必見(笑)。)

 

(時間が無ければ、13分30秒から見て下さいね。)

自分一人で全てやり切れる訳ではないし、皆が支えあって患者さまのために良い治療

(医院の雰囲気なども含め)を提供しようと奮闘しています。

わたくしも何時も自己反省の毎日。自己肯定感を持てない、でも、決して卑下しません。

(根拠の無い!?自信は、人一倍ですが(笑))。

 

人のあいだでしか、人間は生きていけません。だれかに支えられ、誰かを支えています。

”このことに困ったら、佐藤くん、福本くんに頼もう!”というもの一つずつ作って行きましょう。

大いに迷いましょう。毎日が人生の訓練・練習です。

迷えることが楽しめるように必ずなりますよ。

 

2017年9月23日、チーフの石垣さーん(笑)のめでたい日に披露すべく(当然2次会で(笑))孤軍奮闘中。

 

アテ ローゴ(笑)。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

その13(4月8日筆)

皆さま、こんにちは。

先日の医院ブログでも書きましたが、15周年を迎えた三越前駅小伝馬町歯科 ハルデンタルオフィスでは

2名の新人衛生士さんをお迎えすることが出来ました。

医院見学や面接にも沢山のかたが来て下さり、最終的な人選は本当に大変でした。

見学に来て下さったみなさんも、医療人として申し分ないホスピタリティーとキャリアを備えてらっしゃり、

娘が2人いるわたくしとしては出来れば全員お迎えしたかったのですが・・・

 

選考から外れてしまったみなさん、本当にごめんなさい。

 

また、選ばれし新人の佐藤くん、福本くん、合格おめでとうございます。

ハルデンタルオフィスへようこそいらっしゃいました。

 

履歴書に書かれた年齢を見ると、わたくの長女とさほど変わらないことに気付き・・・

僕もええオッサンやん(笑)。

 

新人2人にお送りする動画はこちら!

題名だけ読むと、なんのこっちゃですが・・・

道元和尚さんが提唱した、愛語について語られています。

時間が無ければ、20分38秒から再生してくださいね。

笑顔に勝るお化粧は有りません(笑)。

 

別件ですが、先日宣言しました病院目の前歩道を明るく照らす計画第二弾外装工事が、本日10時から始まります!

皆さま、週明けをお楽しみに!

反対側の歩道から見て頂いたほうが、解り易いかもしれません。

 

実は・・・6月にもビッグサプライズが有ります!

詳細は、またの機会に!!!

ナマステ!(笑)

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

その12(4月1日筆)

みなさま、こんにちは。さて、今日は何の日だかご存じでしょうか。

エープリルフール?

実は15年前の今日、ハルデンタルオフィスがオープンしました!!!

丸々14年が過ぎ、今日から15歳!

昔で言う元服ですね。やっと大人になれました(笑)。

これも皆様から頂戴した恩義の賜物です。これからもどうぞ宜しくお願い致します。

嬉しい日に嬉しいメールが有りました。

その11で実名を書いてしまった元チームメートから、ご主人様治療依頼のお願いメールです。

現在、彼女は子育てもひと段落して、衛生士として埼玉県の歯科医院で活躍されています。

あれ?現在お勤め先の歯科医院で見て貰うことも可能だろうに、わざわざ私に

依頼して下さったということは・・・僕を歯医者として信頼して下さっているのでしょうねと、

勝手にポジティブシンキング(笑)。

本当に有り難いことです。

院内の実情、僕の実力を良くよく知っている人からの依頼には一層気合が入ります!

余り大きな声では言えないのですが、衛生士さん同士のお話合いで良く出る話題に、

自分の肉親や友人は自院を紹介しない・・・ことがあります。ある意味悲しい話ですが。

スタッフから信頼されない院長は、ほんとみじめです。

そうならないよう、心を引き締めつつ頑張ります。

チームメートの皆さんも、消毒一つ、自分の口に入れることが出来るレベルを常に維持して、

院内を綺麗にしましょうね(笑)。

次女から、15歳の誕生日プレゼントを貰いました。日々の疲れが一発で飛ぶ破壊力!!!


 

鎌倉時代なら15歳で成人、50歳で隠居生活が当たり前でした。

小生今年で47歳、あと3年頑張って違う人生を歩むつもりでしたが(笑)。

まだまだ歯医者として頑張っていかねば。

サワディー。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

その11(3月20日筆)

ブログを見て下さっている皆さまはご存じだと思いますが、当院のチーフ衛生士の

近藤くん(改め、石垣さーん(笑))が3月10日に入籍しました!

院内改革でいつも中心的な役割をになってくれている幹部スタッフの結婚、本当に嬉しく思います。

誠におめでとうございます。

先日、フィアンセさんもブライダル治療(笑)のため来訪して下さり、

何時も通り、ちょちょっと治療させて頂きました。

 

過去、チームメートとして尽力下さった安藤さん、渡部さん(あえて実名を出してごめんね)も、

勤務当時フィアンセを当院に連れて来て下さり、僕が治療させて頂きました。

結婚、円満退社されてからかなりの時間が経ちますが、未だ年賀状等のやり取り等で

近況を報告して下さいます。

そこで、当院のテッパンジンクス!!!

それは、、、

当院で働いて下さり、更に、フィアンセを僕に紹介してくれたお二人は、、、

ずーーーっと幸せな結婚生活を過ごされ、お子様を沢山(3人以上)設けて、

本当に幸せな家族を送られていることです!!!

これ以上、喜ばしいことは有りません。

 

別件ですが、、、

チーフの結婚式2次会に向け、スタッフ全員でこの振付を覚えましょう(笑)。

因みに、僕は歌付きで完璧に踊れます(笑)。

6分16秒からのシーン、3児の父親(うち2人は女の子)としてジーン、、、

涙腺崩壊(泣)。

 

石垣さーん(笑)、末永くお幸せに~~~。

仕事と家庭の両立は極めて重要で大変なテーマですが、僕を含め

チームメート全員野球で協力するね!

育児休暇、上等!(笑)

旦那さんだけでなく、フィアンセのご両親さま・御親戚さまも大切にね!!!

 

幸せな家庭作り地域一番実践会

マスター

金村信晴(笑)

では、アリベデルチ!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

その10(3月11日筆)

まずは訂正、、、

その9で、大学生3年生から歯科助手として働いていましたと書きましたが、

決して歯を削ったり詰めたりはしておりません(笑)。

あくまでお手伝い程度で、バキュームを持ったり器具を用意したり洗ったり、

歯型を取らせて頂いた程度です。治療前後の説明は、殆ど僕がしていましたが(笑)。

先日敬愛する先輩からメールを頂戴し、その9の内容はI先生にご迷惑が掛かるかも、、、とご指摘頂いたので

ここに改めて当時の仕事内容を書き込みさせて頂きました。

 

話は変わりますが、ここ最近治療に多くの時間を割いているため日々スタッフと

密なコミュニケーションがなかなか取れず、、、

皆に伝えたいことは山ほどあるのに、なかなか纏まったミーティング時間が取れず、

大体はチーフの近藤くん改め石垣さん(笑)に言いたい内容をメールで送り、

それをラインで流して共有している状態。

院長(職人)であるのと同時に、経営者やマネージャーとしての資質が問われる最近、、、

反省する日々が続いております。

 

当院で働いてくれている最高のスタッフたちは勿論、このブログを見て下さっている皆様方と

是非、共有したい動画です。

今回は短いので(笑)、みんな見てね~~~。

自分が変わらなければ相手も変わらない。

相手を変えるのは超難しいですが、自分を変えるのは超簡単(笑)。

頑張ります!

大愚先生の仰っていた”内観”と、同じような内容も含まれています。

 

今回は、合掌(笑)ではなく

Ciao~~~

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

その9(2月26日筆)

最近、開業当初にいらしてくれていた患者さまが、久方ぶりに再来院されることが多くなりました。

お話させていただく際、頂戴する凄く有り難いお言葉に

 

”その後色々な歯医者に行ったけど、やっぱり先生に見て貰いたくてきました。”

 

”退職して自宅近くの歯医者に相談に行ったのだけれど、金村先生ならどういう診断・

治療をしてくれるのか聞きたくて、わざわざ東京の西側から1時間30分も!?掛けて来てみました。”

 

”久しぶりにHPを見たら、新しくなっていて。昔と違って、笑顔が多い先生の写真をみて

どんな歯科医院になったか見たくて来ました。”

等々、、、

本当にわたくしには勿体ないお言葉ばかりで、皆様に育てて頂いていることを実感している今日この頃です。

 

今想えば、弱冠31歳、ライバルが多くひしめく東京都内ど真ん中、日本橋での開業。

更に家内のお腹には、二人目の男の子が、、、もうすぐ生まれるという笑えない状況(苦笑)。

ただ、先だってのブログにも書きましたが、超甘やかされて育てられ楽観的思考が極めて強い次男なわたくし、

「成るようになる~~~、ケセラ~~セラ~~」(笑)と開業を断行、今に至っております。

 

あまり大きな声では言えませんが、東京医科歯科大学歯学部に入学して3年目のときに、

病理学教室の授業で知り合った先生(非常勤講師で開業医)に見初められ、週に2回、

当時主な収入源であった家庭教師のバイトよりかなり良い時給で歯科助手として雇って頂いておりました。

大学でのI先生、、、実は病理学では世界的に超有名な先生のご子息!

普段、大学で知っていた先生とは全く違い、診療所内で見た先生は、良い意味で、まさにターミネーター(笑)。

患者さまの心をがっちり掴みつつ、右手でタービン、左手でカルテを書くという芸当(笑)を見せてくれました。

また、どんな失敗をしても笑って流してくれ、

「何があっても全責任は僕が持つから、兎に角、患者さんに一生懸命さが伝わる君の姿勢を一生大切にして!」

「治療が上手いからといって絶対己惚れないでね。常に進化していかないと、

患者さんに求められないだめな歯医者に成り下がるから、、、」

との言葉、今でも忘れておりません。

 

自分のスキルアップのみに集中していた開業当初~昨年辺りまで携わってくれたスタッフには、

ただ単にすごく怖い院長だったと思います。

でも、私の患者さんへの想いを充分理解してくれていた優秀なスタッフ(数名の衛生士さん)と、

年賀状のやり取りやメールで

”金村先生、子供も小学校に上がり時間が出来たので、また一緒にお仕事したいのですが。”

”子供の歯を一度見てくれませんか?”等、当時を思い出して連絡を下さいます。

本当に有難う!

 

ストイックな生活な上に完璧を求める過ぎるが為、スタッフにも辛くあたっていた日々も有りました。

去年4月から進めてきた院内改革遂行のためにも、自分が変わらなくては、、、

 

変わらなちくちゃも、変わらなきゃ(笑)。

またまた途中からの再生ですが、内容は充分伝わると思います。

内観(詳しくは動画を参照して下さい)を意識し、大愚先生の対処法を何度も実践することで、

キレない(笑)院長へと成長を遂げました。

 

この4月に、またまたサプライズ的な医院リニューアル予定!

乞うご期待!!!

合掌。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

その8(2月12日筆)

小生の詳しいプロフを拝読下さっている皆さま、

お待たせしました(笑)。

掲載した動画への反響の多さにやや戸惑いつつも、ネットの影響力の強さに驚いております。

 

昨日、歯科セミナーに参加し、グループになった先生(6人でのグループワーク班)の一人(かなり年上)から、

こんなことを言われました。

”金村先生は、国立の歯学部、更に大学院まで国立、、、元手(コスト)が掛かってないから、良いですね~~~”???

多分、ご子息かお嬢様が私立の歯学部に入学したか、ご本人が卒業生かもしれません。

なかなかDQNで不躾な発言に笑いながらも、実際、幾らくらい差があるのかを調べてみました。

以下、朝日dot抜粋、

 

私立医(歯)学部の6年間の平均授業料は約3000万円以上、なんと、国公立大の10倍近い。

年間で500万円以上になる計算だが、これは国税庁が発表した14年の民間企業の平均給与額415万円を大幅に超える。

 

のだそうです!

確かに、、、先輩歯科医師が小言を言いたくなるのも、、、解るような気が、、、

でも、高杉!!!

ランボルギーニのウラカンが、キャッシュで買える金額です!!!


 

かなり上のほうにも書きましたが、当時(今も相変わらずですが)小生の家庭環境は決して裕福なほうでは無かったため、

私立の歯学部入学なんて、、、雲の上の話でした。

 

今朝も、中学受験を来年度に控えた親御さまから、どんな教材を小学校の頃使っていたかとの質問を頂戴しました。

ずばり、、、これです!


 

母親が受験研究社の教材が好きで、各教科ごと同じ本を3冊購入していたことを覚えています。

3冊を購入していたことを最近問いただすと、”子供は大体同じ問題を3回間違えるので、3回解いたら間違えへんやろ”、、、

確かに(笑)。

当時はコピー機も無かった時代ですからね。

でも、、、答えを別紙に書けば3冊も要らへんやん(笑)。

続きはまたの機会に!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

その7(2月5日)

本日日曜日、AMはグーグルの院内撮影、PMはセミナー参加と、

相変わらず自宅に居ないわたくし(笑)。

早朝の院内で、ゆるりとした時間の中でこんな動画を見ておりました。

自分に降りかかった人生の試練をどうとらえるかによって、その後のあり方、生き方が全く違うことを

解り易く解説した動画です。

私の座右の銘、”人間(じんかん)万事塞翁が馬”を、具象化して下さっています。

合掌。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

その6(2月2日筆)

先日、当院ブログで専属美人モデルからHP用写真撮影のご報告ブログがあったことを

覚えてらっしゃいますでしょうか。

小生の詳しいブログをご拝読下さっている皆さまだけに、ちょっとご紹介します!

 

こんな写真や、


 

こんな写真、、、


 

こんな写真まで、、、(笑)、

 


 

プロのカメラマンは滋賀県出身。

流石、幼少の頃から吉本新喜劇を観ていただけあって、笑かすのが上手い(笑)。

 

院内のソフト、ハード、ハートの充実だけでなく、HPの充実も徐々に頑張っていきます。

今後とも宜しくお願い致します。

合掌(笑)。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■