インプラント”も!”、当院にお任せ下さいませ♪笑

皆さまこんにちは!
外科担当主任歯科衛生士の加藤です!

しか~し、暑い!めっちゃ暑い!
夏はそれしか出てきません!笑

7月の3連休は楽しくリフレッシュしてお過ごしでしたでしょうか??

高速はどこも渋滞で大変そうでしたね!!
私は大好きなバスツアーで山梨に行ってぶどうを食べて参りました!
海にプールに、大人はゴルフにと思う存分夏を満喫して焼けて参りましょう♪

そして当院は誕生日ラッ~~シュ!
夏生まれの加藤も、先生から素敵で高価な(笑)プレゼントとラブレターを頂き
ウハウハです♪♪♪

そしてもう一つ、3連休中に勉強熱心な加藤は、新人廣部さんと一緒にインプラントセミナーへも参加し新たな知識を得てきました!

豊かで楽しい毎日を過ごす為に、歯は重要な役割を果たしています。
私たちが目指すは、何でも食べられるお口をずっと維持してもらうことです!!
その為に大切なセルフケア(ご自分で毎日行ってもらうものです!)や、
プロフェッショナルケア(医院のクリーニングで行うもの)などをを学んでました!

インプラントは入れたら終わりではなく、そこから長~いお付き合いが始まります(笑)!
インプラント治療を行うと、ご自分の歯と同じように噛んで美味しく食事をして思いっきり笑うことができ、はっきりと話す事が出来るようになり、クオリティーオブライフが確実に向上します!

インプラントとは、顎の骨に埋め込まれるチタン製の小さなネジです!!
普通の天然の歯と違う事、より天然歯に近いインプラントとは、、、?

少しお話ししますね。

天然歯の表面は、中の象牙質という柔らかい組織を保護するために、硬いエナメル質で覆われています。
個人によって歯の色と、形は異なります。天然歯のクッションを担う歯根膜は、顎の骨に歯の根っこをしっかりと固定する役割があります。

次にインプラントです★

セラミック(正確に言うとジルコニア単体を当院では採用しております)の人工歯は、天然歯の色と形に合わせることが可能です。

アバットメント (支台)は、人工歯とインプラント体と人工歯根 を固定します。
院長の拘りで、アバットメントはチタン製以外使用せず、ジルコニア歯をインプラント体に固定するためだけに使用しております。

シンプルイズベスト!!
構造が複雑になればなるほどエラーが多くなりますし、余計なセメント等を挟むとそれが異物として生体に悪さをすることが有ります。
詳しくは、院長のこちらのブログを!

当院のインプラント治療での拘り!

インプラント体は、強固な土台としての役割があります。
表面は、骨と結合するようにデザインされています。

ちなみにインプラントの名前の意味は移植の意!です!
臓器が疾病や外傷によって機能を喪失したり欠損したりした場合、その機能を回復させるため生体内に埋め込む器具や材料のこと。
特に、顎骨(がっこつ)内に人工歯を埋め込むこと、また、その歯を指しデンタルインプラントともいう。とされています♪♪

インプラントと天然の歯は、お手入れ方法もクリーニング方法も違いますのでしっかりお伝えしていければと思います!!

歯を失ってしまった時の選択肢としてはインプラント、入れ歯、ブリッジと様々ありますので、それらも含めてメリットデメリットお伝え、ご提案できればと思います!!

本日もインプラントオペがありましたが、
院長の早業、神業に改めて感動した加藤がお送りしました!!

認定証も頂戴しました!!

近日中、コンサルタントルームに飾られることでしょう!