根の治療を何ヶ月続けても、症状が治まらない。。なんで?

皆さま、こんにちは。
院長の金村です。

実は本日、エイチエムズの玉置先生による院内研修会が有りまして。。
院内スタッフの技術レベル向上は勿論、衛生士としてどの様に来院される
皆さまにかかわれば良いのか等学んでいる最中。ほとんどがスタッフへの直接指導。

じゃあ、わたくしは何をしているかというと、、一秒たりとも時間を無駄に過ごすことが嫌いなので(笑)、このブログを書いているのです!
(今回の研修会も模様は、スタッフの誰かが近日中にアップ予定です。)

さて、本題です。
最近やや(というか、かなり)マニアックなブログが多いと、
スタッフや昔から通って下さっている患者さまからの指摘があり。。
今回は、皆さまにも解り易いテーマにしま~す(笑)。

この方も、当院に通われている患者さまからのご紹介。
かかりつけ医で約6ヶ月!!、根の治療をず~っと繰り返しているにも拘わらず、左上の重たい感じが消えないとのことで当院に来院されました。

わたくし決して口には出しませんが、心の中で”流石に半年は無いよな~~”なんて
呟きながら拝見したのがこちら。

レントゲンはこんな感じです。

(お薬の入り方があまいことは、日本の歯医者の”あるある”なのであえて詳しく申し上げませんが)

見た瞬間、もう1つ神経が入っている管があるのではと疑い、画面中央やや左上に若干のくぼみらへんを電気的根管長測定器でそっと触れてみると、やや電気抵抗値に変化あり!
これは間違いないと確信し、顕微鏡を使用しながら超音波で少しずつ探っていくと、、

なんとなく、入り口が見えますか?
さらに探ると、、


ビンゴ~~~!とは叫びませんが(笑)、担当衛生士から患者さまに現状をご説明。

今後、どれくらい時間・回数が掛かるか(といっても、6ヶ月も頂戴しません。
2~3回以内には必ず根の治療を終えるようにします。治療回数が増えることで感染の危険性も増えますし。)
今後発生する料金等もきちんとご説明し、ご納得いただいた上で施術いたします。
それなりに費用は掛かりますが、使用する器具等も当然新品、メーカーのエチレンオキサイドガス滅菌をまったく信用していないわたくし、専用ファイルホルダーに入れ滅菌パックへin、これら全てオートクレーブ滅菌しております。

幸いこのかたの場合2回の治療で完治し、”もっと早めに先生に診て貰いたかった”との有り難いお言葉も頂戴出来ました。
術前、

術後、

今回問題があったのは、3本の根のうち左側の根でしたが、前医の治療も(メーカー滅菌以上に)信用していない私(笑)、古い薬を全て除去しきちんと根の先まで詰めます!

特に画面向かって右側(われわれ歯医者は、奥にあるのを遠心といいます)遠心根も結構曲がっていましたが、神の手を持つ(再)わたくし、オリジナルな根の形をまったく変えずに拡大、お薬を詰めることが出来ます。

根の治療で15万円、かぶせ物を入れると約20万円強のチャージを頂戴しますが、これを安いと思われるかどうかは、、あなた次第(再)!
院長でした!!