CMでもよく耳にする「歯周病」について‼

みなさんこんにちは(^-^)
歯科衛生士の相原です!!

最近急に寒くなってすっかり秋ですね?!

インフルエンザの注射もそろそろ打たなきゃと思い始めた今日この頃です笑

そういえば、最近あの話題の夢の国が新しいお城を作ったみたいですが、皆さんご存知ですか??テレビで少し見ただけですが、美女と野獣好きにはたまらないですよね。

でも、、、

ただでさえコロナの影響でチケット取りにくいのに、さらに取りにくくなりそうな予感です、、、泣

もし行かれた方いらっしゃいましたらご感想聞かせてください(^ν^)

それでは本題に入ります。
今回は最近CMでもよく耳にする「歯周病」についてです!!

皆さんは、歯周病がどんな病気かご存じですか??
なんとな?くイメージはつくでしょうか。

簡単に言うと、歯を支えている歯ぐきや、骨が壊されていく病気です。

実はこの歯周病、日本人の約80%の人が感染していると言われているんです。
驚きですよね、、、(∩´?`∩)

さらにさらに、歯を失う原因第1位も歯周病です。

そんな歯周病について、私なりにご説明させていただきます!

歯と歯ぐきの間にはポケットと言われる溝があります。

そこに歯垢(プラーク)が停滞することで、歯ぐきが炎症を起こします。この時、
ほとんど痛みを感じることはありません。

そして進行するとポケットが深くなり、歯を支えてる骨が溶けて歯がグラグラ動くようになります。
そして最後は支えきれなくなり、抜歯になってしまう、、、これが歯周病です!

つまり!この原因となる歯垢(プラーク)をしっかり落としてあげることで歯周病を防ぐことができます!

歯垢(プラーク)は放っておくと、歯石とよばれる硬い物質に変化します。これは歯ブラシで落とすことはできません。この歯石の中や周りにさらに細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

歯周病の進行にはほかにも様々な因子がありますが、やはり1番は汚れを落としてあげることが大切なのです。

まとめると、、、
①毎日正しいブラッシング方法で歯を磨く  (プラーク撃退!!!)

②定期的にメインテナンスに通う (診断を受け、治療する)

③歯科衛生士による専門的なクリーニングを行う(ブラッシングだけでは落としきれない汚れを落とし、
歯周病の予防!!)

メンテナンスも大切ですが、やはり1番はご自身での日頃のブラッシングが重要です。

当医院の金村院長も「歯周病の主治医はあなた自身です!!」と常々言っております(^ν^)

正しいブラッシング方法を患者様にお伝えするのも私たち歯科衛生士のお仕事ですので、
何かわからないことがあれば何でも聞いてください\(^^)/

以上になります!
歯科衛生士相原でした!!