アマルガムの危険性!

みなさまこんにちは!
最近、後輩が出来ていつまでも新人ではない(笑)廣部です!

今日は保険適用の詰め物で、かつて日本で多用された「アマルガム」についてお話ししていきたいと思います。

アマルガムは「歯科用水銀アマルガム」の略で、主に虫歯治療のため、歯に充填される歯科治療材料のことをいいます。保険適用の材料として認定されていて、一般的に使用されてきました。

広く普及していたアマルガムですが、70年代をピークに、近年ではアマルガムの安全性を疑問視する声が広がってきているため、使用量は減少してきているそうです。

アマルガムは、銀・スズ・銅・亜鉛、水銀などが含まれる合金で、特に水銀が高濃度に含まれています。

お口の中で劣化し、腐食しやすい傾向があるため、人体に影響を及ぼすおそれがあります。

アマルガムが腐食するのは、唾液が電解液として作用するからで、その他には、果物・野菜・コーヒー・お茶などの酸も、化学反応を引き起こす要因となります。また、アマルガムは物を噛む際など摩擦が生じた時に、その熱で水銀を含んだ蒸気を発生するともいわれます。

その結果として、水銀の粒子や蒸気が体内に流出し、自覚のないままに吸収され、腎臓、肝臓、脳などに蓄積される可能性があるんです。

では実際体にどのような影響があるのでしょうか??

金属アレルギーとおなじように、イオン化した水銀化合物が体内に入り、蛋白質と結合すると、それによって過剰反応が引き起こされることになります。

先日院長先生のブログにもありましたが、金属アレルギーの患者様が、手のひらや足の裏に「掌蹠嚢胞症」という水疱性の湿疹が現れたお話しがありました。それも一例です。

実際、今回の患者様のように、金属を除去することで症状が改善されるケースも少なくありません!

また、子供を希望する女性や妊産婦の方にとっては、アマルガムはさらなる危険を秘めているといえます。

水銀のために妊娠しにくくなるという報告があるうえに、水銀が胎児や母乳にまで届く怖れがあるというのです。

事実、1998年、イギリス厚生省は妊婦にアマルガムの詰め物をしないように警告を発しました。医療先進国のスウェーデンでも、1987年に政府が同様の発表をしているそうです。

それほどアマルガムを危険視する声は、全世界に広がってきているということですね!!

アマルガムの歴史は古く、手軽な材料の為、以前はほとんどの歯科医院で使われていました。しかし、アマルガムは体内にも悪影響を及ぼしますが、二次ムシ歯のリスクも大きいのです。

昔は痛くなったら歯科医院へ行き、悪い部分を削る、抜くのが主流でした。
ですが繰り返しの治療はいずれ自分自身の歯を失ってしまいます。

現在では、厚生省の展開する8020運動に代表されるように、いかに健康な歯を長く保てるかが、重要になっています。

ご自身の歯を保つためにも、アマルガムは銀歯は適した材料とはいえません。。。

水銀、金属アレルギー、二次カリエス、歯と歯茎の変色など、ざまざまな問題を抱えるアマルガムですが、

これからアマルガムを使用しないことはもちろん、現在お口の中にアマルガムがあるならば、それを除去し、セラミックなどのより安全な材料に代えることをお勧めいたします!!

ご自身のお口の中にどのような詰め物が入っているのか把握しておきたい方は、お気軽に近くのスタッフにお申し付けください(^-^)

廣部でした!