タバコの口腔内への影響

みなさま、こんにちは(^-^)
歯科衛生士の阿部です。

本日の豆知識は、口腔内とタバコの関係をお話しします!
禁煙されている方も増えていますが、やはり昔からの嗜好品。
やめられない方も多いようです。

タバコでヤニが気になって、クリーニングにいらっしゃる方も多いです。

ヤニがつくと、歯がざらざらして細菌が張り付きやすくなるります。
また、いつまでもお口の中や歯肉にニコチンが染み出しつづけることになるのです。

歯周病とタバコも深い関係があります。
タバコの煙には数千もの化学物質が含まれていて、そのうちニコチンや発癌性物質などの有害物質は200とも300とも言われます。

喫煙者は、ヤニがついて着色が付きやすいだけではなく、歯周病にかかりやすいのです。

進行もやすいので、更に治療しても治りにくいと言われています。

統計データによると、歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると5.4倍に、
10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、また重症化しやすくなります。

さらに喫煙が口腔内に与える影響として、ニコチンが歯茎の血流を悪くさせるために、喫煙者の方の歯周病は出血しにくいです。ですが着実に骨の吸収や歯の動揺は進んでいきます。

よって、タバコを吸っていると歯肉の腫れや出血が見た目上抑えられわかりにくくなります。

患者さん自身が、歯周病に気づきにくいことも怖いところです。

実際に治療を始めても歯肉の治りは悪く、手術を行ったとしても効果の現われ方が非喫煙者よりも低いのです。

喫煙との因果関係のエビデンスレベルが歯周病と同じくらいの病気で、口腔・咽頭がんがあります。
タバコの煙が直接当たるので、非喫煙者よりも癌化リスクが高くなります。
また、多くの研究で喫煙者の口腔内で癌化する前段階でも遺伝子変異が生じていると報告されているようです。

口腔・咽頭がんの発症リスクとして、 喫煙者は5~25倍 、
飲酒は5.5~33.8倍 、ヘビースモーカーと過剰飲酒だと200倍以上発症リスクが高くなると言われています。

また、エビデンスレベルは少し下がりますが、インプラントの失敗のリスクもあります。  喫煙者へのインプラント19836本のうち、1259本(6.35%)が失敗 非喫煙者だと60464本のうち1923本(3.18%)が失敗しています。

喫煙者だと失敗のリスクも倍になります。  また、喫煙していると1年未満のインプラント脱離のリスクが2倍になるという報告もあります。
これらの原因も、喫煙によって歯肉の血行不全により免疫能の低下が起こり、細菌感染が起こりやすくなることが考えられます。

インプラント手術の決心された方は、同時に禁煙は必須ですね!!
なかなか簡単には禁煙できないことが多いですが、お身体のことなのでしっかり向き合っていきましょう(^-^)

以上、阿部でした。