マウスピースってご存知ですか?

こんにちは!加藤の豆知識!

本日はくいしばり、歯ぎしりについてお送りしていきたいと思います!!

セレックも入り進化し続けるハルデンタルオフィス!!ですね!
実は先週末にスタッフで咬合の勉強会に参加して参りました!

とっても楽しく、そして新たな知識を吸収して参りました!やはり情報は、常に変わり続けますし新しい知識を吸収出来ると、早く皆さまにお伝えしたい!!とワクワクしますね!

歯ぎしりについての知識と予防策をお伝えしたいと思ってます!

歯ぎしりってなんでしょう?ギリギリ音のなるイメージが強いでしょうか?

自覚が無かったり、誰かに言われた事もない!!だから自分は歯ぎしりなんてしてないよー!!という方♪♪

ギリギリする事以外にも歯への負担になる事があるんです!

実はブラキシズムと言われるものには3種類あります!

ギリギリと、音がなるのが歯ぎしり、グライディングといいます。

次にカチカチ歯を合わせるタッピング!

そして!噛み締めやくいしばり、これらは無音で行っております!クレンチングというもの!!

多くの人は無音なので自分で気がつかないが噛み締めてしまっているかもしれませんね!!

皆さま、こんな症状出ていませんか??

食べ物が最近はさまる!

歯に光をあてるとヒビのような線がみえる!

なんだか前歯の先端がギザギザしている!?

冷たい物や温かい物がしみる。。

治療したところがすぐ取れる、かける、、

これらは噛み合わせや歯ぎしりくいしばりのブラキシズムが関係しているかもしれません!!

すべての事には理由があります!

均一な力が全ての歯にかかっていない時、その場所に物が挟まりやすくなる事もあるそうです。

また、ヒビ等もそこはリスク部位、他よりも力が加わっている可能性があります!

歯のギザギザは普通に食事ですり減ったのではないのです!

冷たい物や暑い物がしみるのは知覚過敏と思われますがその原因、実は咬合の力で歯がチッピングといいかけてきてしまった!そうするとくっつく所がなくなった歯茎は下がってしまい出てきた歯の根元がしみやすくなります!

噛む力のストレスや負担を担ってくれている歯が症状出やすいのです。また、インプラント治療を完了した方もブラキシズムがあると歯は簡単に動いてしまうので、ケアが大切です!!

予防のおススメとしては夜寝る時の、歯のガードになるマウスピースをして寝る事です♪♪

マウスピースが歯を守り寿命を延ばしてくれると思うとすごい事ですね。

ブラキシズムは必要があって私達は行なっています!ストレス解消といわれているのですが、無意識下にあるストレス、これは自分でも気がつきにくいですよね。
年を重ねていくので、体と一緒に歯もだんだん負担は増えていきます。早めのマウスピースを使う習慣で守って頂きたいと願っております!

また、お酒を飲むと眠りが浅くなり歯ぎしりは強くなるそうです!!

実はこれが一番驚きつつ、深酒や飲む頻度を減らしていこうと思った次第です!!笑

加藤がお送りしました!