加藤の豆知識!乳歯のむし歯について!!!

こんにちは。

いつも笑顔の加藤です!

今日の豆知識は、お子様のむし歯でお母様に知っておいて欲しいこと!を

少しお話していきます。

検診なのでむし歯と言われて、治療した方がよいのか?経過観察でよいのか?

なぜ、急に?

そんな風にお困りになった事ありませんか??

 

まず、

知っておいて欲しい事その1!

 

子供のむし歯は大人に比べると、進行がとても早いのです。

ただ、お子様は痛みの感覚がまだ発達しておらず、大人で言う所の違和感ですとか、

少しへんな感じ、と言う初期症状がわからない事がほとんどです。

なので、むし歯が、大きく進行してしまう事が多いです。

その痛みもむし歯で空いた穴に食べ物が入ったり、歯茎がはれて出ますので、

次の日にはなんともない?なんて事が。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

痛みは出たり出なかったりしますので、見過ごしや判断が難しいですね。

食べ方や仕上げ磨きの時に小さな変化を見逃さずに、

観察してあげることが大切です。

 

知って欲しいことその2!

お子様は発達するにつれて味覚が変わっていき、母乳、離乳食、

おやつなど食感、味覚が発達します。

つまり、経験によって味を覚えて行きます。おやつなど甘いものを

覚えてくると量も増え、歯を溶かすスピードも速くなり

乳歯の虫歯の進行が早くなります。

 

 

 

 

 

 

 

時期によってむし歯のスピードが違うことも覚えていて下さい。

 

知って欲しい事その3!

歯の表面は体の中で一番硬いエナメル質でおおわれていますが、

乳歯のエナメル質は大人の半分しかないです!

より、虫歯の進行が早いのです。

お口の中では食事の度に歯が溶ける(脱灰)と溶けた歯を戻す(再石灰化)を

繰り返しています。虫歯がエナメル質内であれば

再石灰化で治る可能性があります。

しかし、その下の柔らかい象牙質まで入ると虫歯は一気に

広がってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

むし歯にならない事が大切ですね!

ダラダラと食べるのではなく、メリハリあるお食事習慣を心がけてみてください。

 

ではまた次回!

加藤でした。