歯の「密度」って??

こんにちは!
梅雨が明けて毎日凄まじい暑さですね!

今週の豆知識は、ジョーンズがお送り致します(^-^)v

タイトルにも書きましたが、皆様は歯にも骨や髪の毛のように「密度」があることをご存知でしょうか?

髪の毛のキューティクルが剥がれてパサパサに…というのは聞いたことありますよね。

実は歯にも同じようなことが起こるんです…!!

歯のエナメル質は髪の毛のキューティクルとよく似ています。歯のエナメル質は半透明で、構成しているハイドロキシアパタイトの結晶(エナメル小柱)が規則正しく並んでいます。

光の透過性が高く、下の象牙質にあたって拡散した光が、私達の目には自然なつやと透明感として見えます。

髪の毛と同じように、歯のつやは健康な証拠となります。

ちなみに私達が目で「つやがある」と感じるのは、物体から反射してきた光の強弱によるもので、鏡のように“ぴかぴか”でスムースな表面は最高につやのある状態です。

なので傷や汚れがついたりミクロのレベルでもざらざらになるとつやがなくなって見えてしまいます(T-T)

反対に白く美しい歯は、表面がなめらかで、エナメル質内部の密度も高いため、ツヤがあり輝いて見えるのです!

さらに歯垢(プラーク)が作り出す酸によって歯が溶かされると、なめらかだった表面は次第に「でこぼこ」し、エナメル質の内部の密度も低下していきます。この状態になると、透明感を失って歯はくすんで見えてしまいます。

健康的でつややかな歯の決め手となる、歯の密度。

この密度を高めることにも、エナメル質の再石灰化を促進するフッ素が活躍!!

フッ素配合ハミガキ剤は、エナメル質の再石灰化を促進し歯の密度を高めて健康的な強い歯にしてくれます。

また、フッ素の他にもおすすめしたいのがアパガードリナメルです。

アパガードリナメルに配合されたナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトは、傷ついた歯の表面を修復し、歯にミネラルを補給。

プラークやステインをつきにくくし、むし歯を予防します。

アパガードリナメルのPOINT

1、プラークを吸着除去

2、傷ついた歯の表面を修復

3、初期むし歯を再石灰化

ハルデンタルオフィスでは、自由診療になりますが高濃度のフッ素塗布を¥1080、
アパガードリナメルでの磨き上げを¥3240で行なっています。

メンテナンスの際に仕上げとしてご案内していますので、ぜひ定期的に行いツルツルな歯を持続させていただきたいと思います(^o^)/

以上、ジョーンズがお送りしました!