阿部がお贈りする!インプラントのメンテナンス!!

みなさまこんにちは(^-^)

歯科衛生士の阿部です。
今回の豆知識は「インプラントのメンテナンス」について書かせていただきます!

インプラントは入れたけど特別なケアはしていないな・・・メンテナンスにも行っていない・・・という方はいませんか?また、インプラントは駄目になると聞くから入れるのが怖い・・・と思ってらっしゃる方はいませんか?

しっかりセルフケアとメンテナンスをしていればなんら問題はないのです(^^)

インプラント周りは、他の歯と同じような歯ブラシ方法だと「インプラント周囲炎」という病気になってしまう恐れがあります。

インプラントは、天然歯と違って人工物ですので細菌の影響をとても受けやすいです。

インプラントとは、インプラント体(骨に埋まっている部分)の上に人工歯がたっています。そのため、天然歯よりも汚れがたまりやすくなってしまいます。

インプラントのセルフケアには、出来ればインプラント専用の歯ブラシを使いましょう。

毛先が柔らかく、人工歯と歯茎の隙間に入り込むので汚れが除去しやすくなっています。

こちらの歯ブラシは当院でも販売しております。

また、他の歯と同じように、フロスや歯間ブラシも併用することが大切です。ご自分にあったものを使うのが大切ですので、お気軽にご相談下さい(^^)

インプラントは、セルフケアだけでなく歯科医院でのプロフェッショナルケアも大切になってきます。

ご自身では届かない部分のお手入れや、場合によっては人工歯とインプラントをつないでいるネジをとって、クリーニングします。(セメントでつけている場合は外せません)

そして、インプラント部の炎症がないかのチェック(出血や排膿がないか)定期的にレントゲンを撮影して骨に問題がないかのチェックや、かみ合わせの確認・調整をします。

天然歯には、歯の根の周りに「歯根膜」というクッションのようなものがあります。

しかし、インプラントにはクッションがないため、かみ合わせの負荷が直接骨とインプラント体にかかってしまいます。かみ合わせのチェックはとても大切です。

お口の中全体のクリーニングも勿論行っていきます。他の歯が歯周病になっていると、インプラントにも細菌がついてしまい、インプラント周囲炎に繋がる可能性があります。

以上がインプラントのケア方法になります。

めんどうに感じるかもしれませんが、基本的には清潔にするということが一番大切です。

それは他の歯にもいえることですね!

インプラントは保険外診療のため、メンテナンスも自費メニューの中で組んでおります。

(30分7000円~)

せっかく入れたインプラント、大切にしましょう!!(^―^)

以上、阿部でした。