【目指せ!歯磨き好き!!】

みなさんこんにちは!
チーフ歯科衛生士の石垣です。

最近ハルデンタルオフィスには、妊婦さんや新米ママさんたちが
多くいらっしゃいます!!

私もその一人です(*>ω<)b

前回中薗ブログで「小児の口腔ケア」についてお話していますが、
実際どうやって磨くの?
何に気をつければいいの??

などなど、ママたちはお子さんのことになると
とてつもなく心配になりますよね!!

今日は実際の仕上げ磨きの方法についてお話します。

【仕上げ磨きを始める時期は??】
乳歯が生えてくる8か月頃が、歯磨きスタートのタイミングです。
最初は歯ブラシに慣れることが大事です!

奥歯が生えてくる1才6か月頃までには、歯磨き習慣が
できることを目指しましょう(´>ω<`)

★コツってないの?★
子供って本当に歯磨き嫌がりますよね。。

口の中は大人も子供もとても敏感です!!

もしかしたらちょっとしたことが原因かもしれません。

それさえ気をつければ、歯磨き大好きちゃんも夢じゃないですよ(*^_^*)

>前歯を磨く時は気をつけて!
上くちびると歯肉をつないでいる「スジ」の部分(上唇小帯)に
歯ブラシが当たると痛がり、歯磨きを嫌がる原因になってしまいます。

上くちびるを持ち上げて、歯と歯肉の境目が見えるようにし、
ハブラシを持っていない方の人差し指の腹で
上くちびると歯肉をつないでいる「スジ」の部分を押えて
磨いてあげるといいですよ♪

>嫌がられないようにするためには…

日ごろから子どもの口元や顔に触れてあげましょう!

顔に触れられることが慣れているとだんだんと嫌がらなくなります。

また、歯磨きをするときにもいきなり口の中に歯ブラシを
入れるのではなく、少しほっぺたを両手で包んであげるなど
顔を触ってあげたあとに磨くとスムーズにいくかもしれません!!

数がわかるようになってきたら、数を数えながら歯磨きする
(院長がよく小児治療のときにします!)と、
歯磨きの終わりがわかり子どもも頑張れます(*・∀-)b

また、時間がかかると子どもが飽きてしまうので、
短時間で手早く丁寧にやりましょう。

仕上げ磨きが終わったらほめてあげることも大切です。
(うちはこれで褒めちぎってます笑)

また、子どもが眠くなる前や、機嫌が悪い時は
歯磨きを嫌がる原因につながってしまうので避けましょう。

離乳食が始まる前は、ガーゼなどで歯をふいてあげるのがいいのですが、
私は歯出てきた頃から歯ブラシを使っていました!

カミカミカミカミしてるだけで歯をきれいにするのはガーゼでした。

おかげで、歯ブラシの消耗はめちゃくちゃ早かったですが、
今は歯磨きを全然嫌がりません!!

先日保育園で歯科検診があったときも泣かずに
アーンができたそうです(*´Д`)

あとはお気に入りの歯磨剤(歯磨き粉)やフッ素なんかがあると
歯磨きが楽しくなりますね♪

手間だと思いますが、2、3種類の味の中から
選ばせてあげるといいかなと思います(^ω^)

 

うがいができない子はチェックアップジェルの
バナナをお使いくださいm(_ _)m

お子様にも安心なフッ素成分量でうがいなしでも使えます!
うちの子も大好きです!!

色々とお子様の悩みは尽きないと思います。
特に体のことはわからないことだらけで、
わたしも心配でたまりません。
少しでも皆さんの不安を解消できればと思いますので、

何かわからないことがあればお気軽にご相談くださいm(_ _)m

石垣がお送りしました❣

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

親切で痛くない治療を目指しています!

三越前駅小伝馬町歯科 ハルデンタルオフィス

三越前駅、小伝馬町駅、新日本橋駅からアクセスしやすい歯医者

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■