いぶログ、続編!

親切で痛くない治療を目指しています!

三越前駅小伝馬町歯科 ハルデンタルオフィス

三越前駅、小伝馬町駅、新日本橋駅からアクセスしやすい歯医者

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

いぶログを楽しみにして下さっている皆さま、お待たせしました!

先日、私の大学院生時代の研究テーマについてご紹介させていただきましたが、

今回のいぶログでは、そこから得られた知見についてお話してみようと思います。

 

前回のあらすじをまとめますと、

・歯と歯の間の清掃は、フロスを使わないと厳密に汚れが取れず虫歯になりやすいということ

・それを最新機器で観察した画像のご紹介

ですので、むし歯予防のためにもフロスを使いましょうね、というお話でした。

 

ちなみに先日載せた歯の画像の中の、白くなっている部分ですが、

これも厳密には虫歯です。

 

初期う蝕といって、歯のミネラルが抜け出た部分が白くなったものです。

実際の初期う蝕って、こういうもの(⇩)を指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

(ただ、ややこしい話ですが、白いのが全て初期う蝕かというとそうではなく、

中にはエナメル質形成不全と呼ばれるものも紛れています。話が複雑になるので詳細は割愛します)

虫歯が進行して、穴が空いてくるともう削るしか治療法がなくなりますが、この初期う蝕の間であれば

場合によってはこの初期う蝕が完全に治ることがあります。

結論から申し上げると、(*条件付きで)初期う蝕を完治させることができるアイテムがこちらです!


 

 

 

 

 

 

 

*初期う蝕を治す条件については、研究レベルのお話になるので、興味があればご質問お受けします(笑)

同じ研究室の先輩と、グリコが共同開発したPOs-Ca F(ポスカ エフ)というガムです。

LOFTや、通販サイトamazonでも取り扱っております!

これは、ガムに含まれるジャガイモのデンプン由来のリン酸化オリゴ糖カルシウム(POs-Ca)という成分が、

歯から流出したミネラルを補うことで歯の再石灰化を促し、初期う蝕の治癒に働きかけます。

 

イメージ的には、POs-Caが髪の毛のトリートメントのように歯の内側へ浸透・補修し、

 

 

 

 

 

 

F(フッ素)が歯の外側にバリアを作って、虫歯菌が出す酸に抵抗できるようになる感じです。

 

ガムと言えば、キシリトールが歯にいいイメージをお持ちの方が多いですが、キシリトールは

虫歯の菌が代謝できない糖というだけで、実はこれ自体が歯にいい訳ではありません。

(たくさん噛んでも、虫歯にはなりませんが、虫歯が治ることもありません)

 

虫歯予防については、まだまだ紹介したいアイテムや、お話したいことがたくさんありますが、

結論として、虫歯になりやすい方は

①夜寝る前の徹底したフロス と

②POs-Ca Fの使用 により、

グッと虫歯のリスクが減ることをお約束します。

指宿でした!