ご自分にあった歯ブラシを使いましょう☆

みなさまこんにちは(^ ^)
歯科衛生士の阿部です。
本日は、歯ブラシの種類についてお話しさせていただきます(^^)

皆さんはどんな歯ブラシを使っていますか??
歯ブラシも柔らかいものや硬いもの…極細タイプのものと、たくさん種類があるので迷いませんか??

当院においてある歯ブラシをもとに、ご紹介させてください!!

まずはこちら!

タフト24

ソフトタイプとスーパーソフトがあります。
柔らかめですが、毛一本一本にこしがしっかりあります。
毛先がフラットに揃えたカットなので、狙った歯垢をしっかり掻き出してくれます。

歯茎にも優しく傷つけにくいです。

口腔ケアにおいて大切なのは、口腔内を傷つけることなくプラークを除去することです(^^)

ルシェロ歯ブラシ

ルシェロ歯ブラシは、毛先が細く、歯間部やポケット内部へ毛先が効率的に入り込める
ようになっています。
先端部が尖っている毛先集中型になっているので、奥歯の後ろ側や歯の溝にもフィットします。
また、短い毛と長い毛が交互に植えられているので、細かいところまで磨きやすくなっています。


「歯周病を予防したい方」や、「歯周病治癒後のメインテナンス期の方」に最適なタイプです。

ピセラ歯ブラシ

ピセラは歯ブラシのヘッドが小さいのが特徴的です。

10代は顎が小さく、成人女性の顎や手は成人男性に比べて小さいので、
大人用の歯ブラシではサイズが大きいことがあります。

ピセラはそんな10代の方・女性の方の悩みを解決するために作られた歯ブラシです。
ルシェロ歯ブラシと同様歯ブラシの先が尖っているので、奥歯の届きにくいところまで磨きやすくなっています。

最後に、インプラントの用の歯ブラシです。

インプラントは天然歯と違い、”頭”が大きいです。
普通の歯ブラシだと届かないところにも汚れが溜まりやすいので専用のケアが必要になってきます。

インプラントと歯茎を傷つけないよう、専用の歯ブラシを使いましょう(^ ^)

どの歯ブラシに関しても、清潔さを保つために一ヶ月を目安に交換するのがおススメです。

また、誰でも”磨き癖”があります!
歯ブラシに自信がある方も無い方も、定期的にチェックすることはとても大切です。

ぜひメインテナンスで確認させてください。
きれいに磨けているつもりでも、汚れを赤く染めだしてみると意外なところに
汚れが残っていたりもします(^_^)

どの歯ブラシが自分あっているか、ぜひ歯科衛生士におたずねくださいませ(^^)
阿部でした!