アジアの歯科事情を詳しく見てまいりました!

みなさま、こんにちは!
久しぶりのブログ投稿、院長の金村です。
決してさぼっていた訳ではございません(笑)

みなさま、お盆休みは如何でしたでしょうか?
銀行等にお勤めのかたには嬉しくない連休だそうですが、
わたしたちは9連休とゆっくり休ませて頂きました。

しかーし!何かしていないと落ち着かないわたくし、アジアの歯科事情調査と先端治療を学ぶために、
シンガポールにある”ラッフルズデンタル”と”デンタルオンザベイ”に行ってまいりました!

中の写真も沢山取ったのですが、デザイナーさんとの著作権契約⁉のため、SNSでのアップはいちいち許可を取らないといけないそうで、、今回は割愛します(泣)
交換した名刺は大丈夫だそうです(笑)

それぞれDrには専門があり、日本の歯医者のように何でもこなすわけではありません。
私はもともとoperative(保存修復)の専門で学位を取得したのですが、歯内治療や歯周治療、インプラントも得意ですとお話したところ、とてもびっくりされました。
半信半疑だった先生に当院のHPを見せながら説明したところ、”Super Dr !!”の称号を頂戴しました(爆)

こちらはシンガポール全土に11医院も展開している”ラッフルズデンタル”さんです。
なんと空港内にも診療所があり、24時間営業!!(笑)
コンビニかよ(爆)と思いながらお話を伺ったのですが、世界中から観光客が押し寄せるシンガポールでは結構需要が有るようで、色々な言葉が行き交う面白い病院でした。

余談ですが、他の歯科医とディスカッションするときにいつも感じることがございます。
それは、、東京医科歯科大学で歯学博士の学位を取得しておいて本当に良かった(笑)
日本ではそれ程でもないのですが、海外で他の歯科医師と話をする際、P.h.D(博士号)を持っていると一目置かれます。
お国にもよるのですが、かな~り真面目に研究して結果を考察し、世界的に権威のある雑誌に掲載されないと学位論文として認められません。
4半世紀前に取得した博士号ですが、初めて会った外国の歯科医からリスペクトされつつお話合いが出来て
”なんも言えね~”でした(笑)
また、東京医科歯科大学歯学部に留学していたという先生も結構いらっしゃり、お茶の水界隈の話しでも盛り上がりました。

シンガポールにある他の歯科医院も見学し、どうしても欲しくなった機材が有りました。
それは、、

じゃ~~~ん(笑)
セレックちゃんです。これは、歯を削った後口腔内カメラで写真をとり、そのデータをもとにこちらの機械で

人工歯を削り出す優れもの!

非常に高額な機器でしたが、甘やかされて育った次男の悲しい性、、
欲しいものは取り敢えず無理してでも買っちゃえ!!っといっちゃいました(爆)
因みにお値段、、これが新車で買えちゃいます。

現在、チーフ石垣くんと宮本くんが中心となって本格稼働に向けて研修中!
9月上旬には、虫歯をとったあと歯が入るまでなんと!
1時間でイケる、
イケてる病院にトランスフォーム!!
どうぞご期待下さいませ!!!

院長の金村でした!