ショーン効果(笑)

みなさま、こんにちは。
院長の金村です。

先日、石垣ブログで彼女がショーンホワイトとの2ショット写真をFBに掲載したところ、、、”いいね”の数が半端なく(笑)。
アメリカからは勿論、ヨーロッパやアジア、更に中東等、世界中から注目されたブログになりました(爆)。恐るべし、、ショーン、、、

この流れに乗るべく、わたくしも世界で活躍する偉人との2ショット写真を一枚!

じゃ~ん!!(ご本人には写真掲載了解済みです)

日本のインフラを代表する新幹線のデザインは勿論、世界中の自動車デザインに影響を与え続けている、ケン・オクヤマこと、奥山清行さんです!

ビブスを着用している我々、サッカーの試合を一緒にした訳ではございません(笑)。

とある自動車の走行会で知り合い、意気投合!
流石、奥山さん、、デザインを語りだしたら全く止まる気配なし!(笑)。
この写真を撮る前に、約30分ほど今後の自動車デザインの方向性を語られて、、、マジっすか(笑)。

世界中で活躍されるかたに共通するのですが、正にエネルギーのかたまりで圧倒されそうになりましたが、氏は歯のメインテナンスにも興味を持たれており、当院の方針もしっかり伝えさせて頂きました。是非、メインテナンスでのお越しをお待ちしております!

話しがかなり逸れてしまいましたが、本題です。
近年日本では、予防歯科や歯磨き粉に含まれるフッ素などで、虫歯の数は年々減っております。
当院でも口育と食育を本格的に取り入れたころから、未就学児のお子様を沢山拝見させて頂いております。
確実にむし歯は減っており、非常に喜ばしいことで歓迎すべきことですね。昔のブログで申し上げましたが、究極の医療は予防です。

ですが、一度治したはずの歯のトラブルが相変わらず多いのは非常に忌々しきことです。ほぼ、毎日のように他院さんで治療した歯の再治療、、
入っている銀歯はこちら、、

噛んだ時にやや違和感があるとのことで、ご本人の了解を得てレントゲンを撮影、2次虫歯を確認、外してみると案の定、、、

現在の日本の保険医療制度の中では、2次虫歯の数は減る傾向にはありません。はじめての虫歯が減った分、割合としてどんどん増えている傾向にあります。

虫歯治療のやり直しのサイクルである2次虫歯は、まず適合が悪い銀歯を使わない、予防歯科の徹底、精密治療ができれば避けることができる虫歯です。

一度治した歯を、2度と削らずに済むよう医院が一丸となって治療にあたります!
三越前駅小伝馬町歯科ハルデンタルオフィスは、皆さまに最高の治療を提供し続けます!
院長でした!