チームハルデンのみんな、最高!(笑)

皆さま、
こんばんは。

と言うのも、平日のPM8時頃にわたくし自身、オフィスブログに書き込める時間がある
ことが奇跡(笑)。決して暇を持て余しての投稿ではございません。。。

昨日、本日と立て続けにインプラント埋入のオペが有りました。

きのうは・・・

今日は・・・


見たところなんてことはないインプラントの術後レントゲン写真ですが、実は色々工夫されておりまーす(笑)。
当然、インプラントを埋入してハーイ終わり!ではなく、最終的には噛める歯を入れるのが目的です。皆さまそれぞれに咬みかたの違いやあごの湾曲も違っております。
(専門用語でいう、シュピーの湾曲やモンソンカーブですね。)

真っすぐ垂直にインプラントを埋入するだけなら、基本的に一年目のDrでも埋入可能だと思います。

ですが、当院では3次元的にどの方向に埋入することが患者さまにとってベストなのか(インプラント体に無理な応力が掛からないか)を、事前に充分CTや咬合力検査の結果を解析しながら、オペ用のサージカルステント(手術する際のガイドとなる透明なプレート)や、ご用意するインプラントの径や長さを選定し手術しております。

当院HPでも記載させ頂いているように、1次オペ(インプラントを埋入する手術代金)は35万円頂戴しております。その後2次オペで15万円、更に歯を入れるに際しどんな材質の歯を入れようとも10万円以上掛かります。

ブログで書くかどうか迷ったのですが、巷では安さを全面に出されてマーケティング対策されている歯科医院さんも多くあります。
もし、安さを求めてインプラント手術を期待されているのなら、当院は不適かもしれません。

わたくし自身、東京医科歯科大学歯学部大学院の保存学教室(歯を如何に保存するのかを勉強する分野です)で4年間博士号を取るために勉強していたことも有るので、実はインプラント治療に関しては否定的な立場でした。
(当院HPで、わたくしが敢えて皆さまにインプラント治療をお薦めしなかった本当の理由が書いてます。お時間が有りましたらご拝読下さいませ。)

わたくしたちのチームを信頼して下さり、入れ歯やブリッジによる治療方法ではなくインプラント治療をご希望されたかたは気付かれたかもしれませんが、実際のオペには優秀なアシスタントが必須です。

わたくしの横に就いてくれるファーストアシスタント
使用するドリル等を、その都度わたくしに手渡ししてくれるセカンドアシスタント、
全体を見ながら必要なものを事前に準備してくれるサードアシススタント、
何かあった場合(不足器具などを即座に取りにいける)フォースアシスタント、etc

皆で力を合わせていけば、わたくしが心から尊敬する講道館ビル歯科の高橋先生に肉薄出来ると確信しております!

今日は本当にお疲れさまでした!!!

院長の金村でした!