ベロの定位置って、どこだと思いますか??

こんにちは!
加藤がブログをお送りしていきます!

梅雨の時期になりジメジメとしてきましたがいかがお過ごしでしょうか??

三越駅前小伝馬町歯科ハルデンタルオフィスのスタッフの制服は、自分の好きなカラーを選ばせて頂きとってもカラフルです!
おもいおもいのお気に入りカラーで気分を上げて診療しておりますので、どうぞ目からも、スタッフの元気を感じて下さい!
梅雨のジメジメにも負けず元気に乗り切っていきましょう!!

治療でもメインテナンスでも、スッキリ快適に皆様が過ごせるように全力でお手伝いしていきます!

加藤はターコイズブルーがお気に入りです!!

さて。本日はベロの位置について!です!普段どこにあるのが正解か?
ご存知ですか??

お伝えすると驚かれる患者様が多かったので、今回はこのテーマにしました!!堀ちえみさんの舌癌のニュースがあり、ご自分のベロに敏感になったりお口の中に興味を持ってもらう機会が増えたように感じ嬉しい限りです!

正解は、上の顎にぴったりくっつく所です!
下に落ちている方は筋肉が弱ってきてます!意識して上に上げてみて下さい!!なんと!もれなく小顔効果も期待できます!

さらに細かく言うと舌先!こちらは上の前歯にギリギリつかないぐらいの所が良いポジションと言われています!上顎のザラザラと少しへこんだ所、スポットと言われる少しへこんだ所に収まっているのが良い正しい位置です!!

実際に、ベロを動かしてスポットを見つけてみて下さい♪♪

見つかりましたでしょうか?

舌の先で上顎の前歯の裏側に触れ、そのまま奥へゆっくりと滑らせてみてください。

歯に触れないギリギリのところに、ちょっとくぼんでいる場所がありませんか?舌を上顎にピタッとくっつけるとちょうど納まりのよい場所があるはずです!
(^ ^)!

食べ物を、ごくっと飲み込む時と同じ位置が近いです!!

私は小さい頃に、矯正をしていてその時の先生に教えてもらいました!

そうです!なんと!このベロの正しい位置が定着する事で、歯並びを良くする事にもつながるのです!!

素晴らしいですよね!

逆にこの正しい位置にベロがないとどうなるのか??

出っ歯になりやすい

下顎が上顎より出ている受け口になりやすい

歯並びがデコボコになりやすい

口呼吸になる

→喘息、アレルギー免疫機能の低下、口臭の悪化、ドライマウス、
取り込む酸素が薄くなるなどの悪影響が。。

顔かたるむ、骨格が歪む

発音が悪くなる

眠りの質が悪くなる

集中力が低下する

舌を噛みやすくなる

などです!!

逆に正しい位置に定着出来れば反対の、良い事が起きますね!!

お顔のたるみ防止が、お口のベロの位置で出来るなんて素敵じゃないですか??

ベロを噛みやすかったりする方も!

ただ。他の筋肉と同じように、舌にだって筋トレが必要です!笑

慣れるまでは常に意識して、上顎へ!上顎へ!
その時上の歯と、下の歯は噛まないように!!噛む筋肉が疲れてしまうので
ベロの位置だけを意識してみて下さいね!!

ぜひお試しください!

加藤でした!!