マスクも色々!!

みなさんこんにちは!
チーフ歯科衛生士の石垣です。

緊急事態宣言も全国になってしまいましたね。。
いつになったらおさまってくれるのやら。。

さてさて、今日は
入手困難になっているマスクのお話です!

最近いろんなマスク見かけますよね!
まずは種類からいってみよ!

①ガーゼマスク
アベノマスクと言ったほうがわかりやすいでしょうか(笑)
安倍総理も着用中の布マスクですねー!!

ガーゼマスクはフィルターが無く、ガーゼを12~18枚重ね合わせたものです。
よってガーゼの目より細かい微粒子などは通してしまいます。

しかし、使い捨てでなく何度も洗って使え、マスク自体に厚みがあり喉の乾燥を防ぐ保湿効果のメリットもあります。

私が小学生の時は布マスクが主流で、
今みたいにそこら中にマスクが売っているなんてことはなかったです。

②サージカルマスク
こちらが今の主流ですかね。
医療用(サージカル)マスクの事で医療現場や医療用に使用するマスクの事です。

ドラッグストアやホームセンター、コンビニなどでも今は販売されています。
全然ないですけどね…(;_;)

特徴としては、フィルターがあり不織布で作られていて3PLY(3枚重ね)が主流です。
使い捨てで鼻の部分にノーズクリップがあり気密性があります。
形状がジャバラ状で鼻から顎まで覆うことが可能です

③N95マスク
これは今回のコロナ騒ぎで聞いたことある方もいるのではないでしょうか。
クチバシみたいなやつです!

あとカップ型みたいなのもありますね!!

米国労働安全衛生研究所(NIOSH)のN95規格に合格した微粒子用マスクの事です。
N95とは約0.3μの粒子径を95%以上ブロックできる規格です。

形状は球体を半分にカットした様なカップ型や鳥のくちばしのような二つ折り、三つ折りの様な物まで様々です。

気密性が必要な為、装着にはオーバーヘッドタイプのゴム紐を後頭部で固定しなければいけなく呼吸がしづらいらしいです。

そして最後に正しいマスクの裏表です!
知ってるようで知らないですよね!

え?しってる?…さすがです!!!!
でも一応書きますね★

①プリーツのひだが下を向くほうが表
大抵のマスクはノーズ部分にワイヤーが入っているので、上下が分かるとは思います。
プリーツのひだが下を向いている方が表です。
プリ―ツのひだが上向きだと、段差部分に空気中のホコリやゴミがたまります。

②マスクと紐の接着面が外側についている方が表
なるべく顔とマスクとの隙間を少なくすることで顔へのフィット感が高まるので、
細菌などの侵入を極力遮断することができるためです。

ただマスクはいろいろな種類があり、
メーカーによりますので、説明書きをしっかりと読んでいただければと思います!

正しく使って正しく予防しましょう!!

石垣でした♪