他院にて、神経を取ります!と宣告されてしまいましたが、、

皆さま、こんにちは。
最近、怒涛のブログ更新で大活躍、院長の金村です(笑)。

先日、わたくしの知り合い(といっても、都内で手広く医科病院を開業・運営なさっている先輩(他大学卒)医師ですが)のDrから、
”次女が歯が痛いといって、取り敢えず近くの歯医者に行ったら、レントゲンを撮るなりほぼ何の説明もなく、「虫歯が深いので治療後痛くならないように、神経取りますね。」と言われてしまってさ~。
お金はいいからさ~、
金村先生さ~~、何とかしてくんない?”との電話が。。
流石、幼稚園からお嬢様を名門校に入学させることが出来る先生は、
言うことも一味違います(笑)。

他院さんで”神経を云々、”といわれた場合でも、最初に触らせて頂ければ結構イケる場合があります。(下手に触られた後だと、神の手(再)をもってしてもだめなことが多くなります。)
取り敢えず何も触らないよう前医に伝えて貰い、当院へ直行。

これが術前のレントゲン写真、

6年ほど前(小学生のころ)に、保険のレジンを詰められたそうで、、
なぜ、超一流医師のお嬢がホケン診療で治療されたのかは不明ですが、やはり性能には限界が、、

これが歯の写真です。

普通のかたがみたら、何てことない歯のようですが、、
実際開けてみると、、

やばっ、歯の中がコーヒー牛乳に漬けたコーンフレークのように柔らかくなっているし~~、

”絶対、娘の神経を取るなよ!”と、先輩医師から脅されて(笑)いましたので、いつも以上に慎重に虫歯を取りながら、、


うわっ、まだまだ、、虫歯が、、、

ここで写真をとっている場合ではないことに気付き、途中の撮影はすっかりすっ飛ばし!

これが、取るべき虫歯を取った後です。

あ~~~、今回は8分も掛かってしまいました、超反省。。

このお嬢様の場合、症状もなくなり電気歯髄診断(神経がきちんと生きているかを調べる装置)でもまったく問題なかったので、当院で一番お奨めしている、ジルコニアセラミックインレーにて修復させて頂き、約15万円ほどのチャージを頂戴しました。

先輩から”お金はいいからさ~”と言われていましたが、当院の通常価格にて請求させて頂きました(笑)。
ご自身の歯を本当に大切にしたいかた、どうぞご遠慮なく院長をご指名下さいね!

金村でした!!