初期虫歯はなぜ削らないの??

みなさまこんにちは(^-^)
歯科衛生士の阿部です。

本日のブログは、虫歯の治療段階と初期むし歯について
お話しさせていただきます!

みなさまは、「初期虫歯なので、経過観察していきましょう」と言われ、
「なぜ虫歯なのに治療しないの??」と思ったことはありませんか??

初期虫歯はC0(シーオー、シーゼロ)といい穴が開く一歩手前の段階を表します。
痛みなどの自覚症状はありませんが、白濁が見られます。(脱灰)

治療が必要とされる虫歯は以下の4つです。

C1: 歯のエナメル質表面の虫歯です。 痛みはありません。

C2:象牙質まで進んだ虫歯です。冷たいものを飲んただり甘いものを食べたりした時に、歯がしみたり痛んだりします。

C3: 神経まで進行した虫歯です。温かいものがしみたり、何もしなくても激しい痛みを感じたりするようになります。

C4:歯の大部分が虫歯になってしまった状態です。根だけになってしまう状態のこともあります。

虫歯の治療は“早期発見”と“早期治療”が鉄則です。
以前までは、初期の虫歯を発見したらすぐに削って治療!それ以上広がらないうちに早めに塞いでしまうのが主流だったよう。

しかし現在では、ごく初期の小さな虫歯を見つけたら、いきなり削ってしまうのではなく、しばらく注意しながら様子を見ましょうという考え方が主流です。

C0である初期虫歯を削らない理由は、白濁し脱灰した部分が「再石灰化」し、元の健康な状態に戻るのを期待しているからです。

脱灰している部分に、細菌たくさんのプラークがついたままだと、みるみる脱灰は進みC1となります。

しかし、ブラッシングを正しく行い、再石灰化を促すフッ素の力を借りると脱灰部分は再石灰化し、穴が開くのを防ぐことができます。

なので、C0が見つかった場合には、まずしっかり歯ブラシをして、再石灰化を促すためにフッ素を塗布します。

フッ素には虫歯の進行を抑える効果だけでなく、歯質を強くし脱灰を再石灰化を促進させます。ご家庭で使う歯みがき粉もフッ素入りのもので、高フッ素濃度のものを選びましょう!

当院の受付にも、高濃度フッ素が配合されている歯磨き粉が
置いてありますよ(^-^)

一度削った歯は元に戻せません。

削ってしまえば詰め物でふたをすることになりますが、その隙間から二次的な虫歯が発生してしまうリスクもあり、結果的に歯の寿命を縮めてしまうおそれがあります。

セルフケアももちろん大切ですが、誰しも完璧にはできないものです。

虫歯の早期発見や、現在の良い状態をキープするためにも、ぜひとも定期健診を受けるようにしましょう(^-^)

以上、阿部でした!