当院の器具滅菌について!

皆さま、こんにちは!

院長の金村です。

 

何気に(笑)わたくしのブログ更新が遅くなってしまい申し訳ございません。

別にサボっていた訳ではなく、衛生士6名、受付1名、代診2名を抱える大所帯になり、

マネージメント面や経営者としてなすべき仕事に忙殺されておりました。

また今回、HPを新装したのは良かったのですが、細かい打ち合わせに予想以上の時間が掛かってしまい、トップページしか見られない危機が約3週間以上(泣)。

やっと皆さまに披露出来るレベルになりましたが、今後も細かい修正を加えていきます。

最近(でもないですが)歯科業界を騒がせ、わざわざ保健所からも周知資料として送付・告知されてきた歯科器具(切削器具タービン)の使い回し問題!

ご安心下さい。

当院では、患者さまの目の前で滅菌済みの器具をお開け致します。

また、下に布く紙トレーも、サブチーフで”お祭り大好き”加藤が、

オートクレーブで完全滅菌!

このような当たり前のことをブログにアップするのもどうかと思いましたが、やや問い合わせが多い分野ですので念のため(笑)。

 

さて、常に進化し続ける三越前駅小伝馬町歯科に触発されたのか、道路をはさんで反対側に大きな建物が完成しました!

期待のルーキ―、ホワイトニングコーディネーター福本が4Fケアルームから撮影してくれました。

小生が開業した当時、某建設技術研究所さんが入居されていたビルを取り壊し、何が立つのかと期待していたところ・・・

何と、大阪の大手製薬会社で抗がん剤で財を成した(笑)小野薬品さんの文字!

待ってました!

詳しいプロフでも紹介しましたが、わたくしも関西(大阪)出身で、大阪の企業が東京に進出して成功していくのを見るのが大好きです。

昨日のブログで、サブチーフ阿部が勉強会で取り上げてくれた”歯周病菌が全身疾患に及ぼす影響”と被りますが、所謂、消化器系の入り口である口腔内環境が全ての臓器、ひいては全身に影響を及ぼす・・・

例えば、国民病と言われて久しい糖尿病や高血圧、動脈硬化etc…これらの病気に歯周病菌が関わっていることを証明したのは、皮肉にも全て医科の先生方・・・

医者と歯医者の圧倒的な違いは何か、それは大学入学時の偏差値の違いも有りますが、お医者さんは科学的検証を大切にされ、何となくそうだら・・・というファジーなことなく、全て数値化し、有意差が有れば再現性のある事象として積極的に臨床に活かしてらっしゃるところです。

消化器系外科の殆どの先生方は、口腔内が汚れている状態での患者さんのオペはやりたがりません。

何故なら、如何に完璧なオペをしたとしても、上から(口の中から)バイ菌がどんどん落りて来るであろう環境内で手術した臓器を守ることは出来ないことを、歯医者以上に知っているからです。

消化器系(口唇から食道、胃、小腸、大腸、肛門)の入口で、自分の意志通りに動かせたり(例え寝ていたとしても、胃や小腸は勝手に消化のために働きますね)、美味しいものを食べたときに幸せを感じることが出来る唯一無二の器官であるお口周りを、皆さまも更に大切にしませんか。

長くなってしまいました・・・

関西出身のイケてる製薬会社さんとのコラボをやや期待している(笑)、

院長の金村でした!