男はつらいよ(笑)

皆さま、こんにちは!
院長の金村です。いきなりネガなタイトル(笑)

いまやスタッフ総勢7名の大所帯!いや~色々ありますな~~
特に今週は、激動の一週間でした。

新人スタッフからの相談、中堅スタッフの葛藤、幹部スタッフの切実な願いや憂い、、etc

わたくしと後進Drを除けば、全員女性。
また、スクラブの色を見て頂いてお解りなように超個性派揃い(笑)

マネージメント面は全てチーフ衛生士の石垣くんに任せているのですが、流石に後輩がこれだけ増えるとキャパオーバーにもなりますわな。
何度かご紹介しましたが、チーフは3年前の医院改革断行時、僕を信じ医院を愛し、何より患者さんのことを第一に考えて2人3脚で頑張ってくれております。
ポスターの表題にも有る”愛しているなら態度で示せ!”ではないですが、彼女の病院を愛してくれる気持ちに応えるべく頑張っていたつもりですが、いかんせん一日が短すぎます。
態度で示す前に、就業終了!(笑)お悩みを聞く時間も有りませんでした。
先日、全幹部のコンセプチュアルスキル向上のため急遽幹部会議を開催。

”笑顔コミュニケーションの徹底”
”相手を信頼し尊敬する”
”後輩たちが何かしてくれたときも必ず有難うの声掛け”

簡単なようで、毎日の激務で忘れがちになるこれらのことを再確認する良い機会になりました。

また当院の特徴として、問診から治療の説明、材質の解説、治療後のメインテナンスまで基本担当の衛生士が全て行います。
つまり、主役はわたくしではなくスタッフなのです。

わたくしは、自分の持てる歯科技術を最高の状態で皆さまに提供すべく、常に平常心を保ちながら頑張っております。

特に神経に近いむし歯の治療を施術するときや、根の再治療時、インプラントのドリリングや埋入時には、自然と周りの音や声まで聞こえなくなるくらいの集中力を持っております!これ、マジです。

左耳に一応インカムを入れておりますが、集中しているときはどこか遠くで何か言ってるな~としか聴覚は働いておりません。
加齢による劣化ではないので、スタッフ含め皆さま御心配なく(笑)

また当院の診療時間が20分刻みである理由ですが、東京医科歯科大学大学院在籍時から現在もお世話になっている恩師、虎の門病院前歯科部長の山田先生が”どんなに優秀な人間でも、本当に集中できるのは15分まで”と教えて下さったことが有ります。
歯学生時代から、この15分の教えを忠実に実行しております。

お~~と、懐かしい写真が(笑)
あたくし、、若っ(爆)

東京医科歯科大学歯学部付属病院の4Fにあった第一総診での実習風景。
95年ですので、今から23年前!
東京医科歯科大学歯学部では、5年生の後半から6年生の終わりまで、実際に患者さんの治療にあたります。この素晴らしいシステムのお蔭で一時は国家試験合格率が落ちましたが(他大学は6年生のときに国家試験対策で一年過ごします。我々は国家試験直前まで治療にあたります)、昨年、一昨年とほぼ100%になって、OBとして胸をなでおろしております(笑)

より良い雰囲気になった三越前駅小伝馬町歯科ハルデンタルオフィス、今後の展開に乞うご期待!

院長の金村でした!!