”虫歯の深さ”って、ご存知ですか?

こんにちは!受付の大田です(^_^)

皆様、いかがお過ごしてしょうか?

最近は、雨だったり晴れだったりでなかなか読めない天気ですよね…
しかも、ジメジメして朝起きるのが大変です…(>_>)

それに緊急事態宣言、延びてしまいましたね…

また延びてしまったので、私は家では映画を観たり、のんびり過ごしてます笑

母は、韓流にハマって永遠と俳優さんをかっこいいと言ってます(-_-)
ファンクラブにも入る予定だそうです笑

今回は、虫歯の深さについてお話ししていければと思います(^_^)

虫歯は、5段階によって分かれています。

C0・C1・C2・C3・C4の5つです。

これは、数字が大きくなるにつれて深刻な虫歯にはなっていきます。

Coは、歯の表面が薄く虫歯になっている状態です。歯ブラシなどのケアだけで治すことが出来ます。
痛みや違和感などの症状ありません。見た目も白っぽいです。

C1は、歯の表面に虫歯が出来た状態です。
歯ブラシだけで対処できる場合もあれば、虫歯を取って詰める場合もあります。

そこは、歯医者さんの判断になります。

症状は有りませんが、削る場合も麻酔をしなくても大丈夫かと思います。
痛くもなく黒っぽかったり、少し引っかかる程度の穴がある治療回数は1回で済むかと思います。

C2は、C1より更に虫歯が奥まで進んだ状態です。歯ブラシのケアでは対処が出来ません。
治療がが必要になります。お水でしみたり、食べ物を噛みこんだ時にしみるなど、
何らかの刺激で痛みがでます。

何もしなければ痛くはないです。治療の際にはしみるため、麻酔が必要な場合があります。
治療回数はだいたい2~3回はかかります。

C3は、C2よりもさらに虫歯が進み、歯の中心にある神経にまで菌に侵食された事をいいます。
何もしなくてもズキズキと痛みが出てくるなど、神経を取る治療に変わります。

神経を取り除く為、大きく歯を削る必要が出てくる治療になります。
回数も一気に増えて、7~10回程度かかります。

C4はC3よりもさらに進行し、もはや歯の原型をとどめておりません。
神経も死んでしまっているので、痛みは感じません。
そして、歯の保存が出来ないため、歯を抜く治療になります。

その後は、抜いた場所を補うために両隣の歯を削ってブリッジにするか、
入れ歯かインプラントのどれかを選択することになります。

以上が虫歯の深さの段階になります。

まだC0やC1などの段階であれば、多少の心配で大丈夫ですが、C2?C4になってしまうと取り返しが付かなくなってしまいます。

その為、定期的なメンテナンスや丁寧な歯磨き、歯と歯の間のお掃除などが
とても重要になってきます。是非、皆さんも定期的なメンテナンスや
丁寧な歯磨きを心がけてみて下さい^_^

当院ではメンテナンスもしておりますので、最近メンテナンスしてないな…とか、
そういえば歯医者って何年前から行ってないっけ?など、
歯の検診など気になった事がありましたら、是非ご連絡してみて下さい(´ ▽ ` )

最後になりますが、今のお話とはとても関係ありませんが、
最近の私の愛犬の写真で締めさせて頂きます!!

家族で気分転換がてら、河原に行った際の写真です。遊んでたんですが、
バテて突然遊ぶのをやめました笑ちょっと歳なので、体力がなくなってきたみたいです…

愛犬には元気でいてもらいたいです…(ToT)

最後まで読んで頂きありがとうございました!
大田がお送りしました‼