遂に!うちのチーフも!!2次虫歯(笑)!!!

みなさま、こんにちは。
院長の金村です。

最近、美人シリーズブログがふざけ過ぎとの指摘を身内から受け(笑)、今回は真面目に書いてみます。

本当は笑ってはいけないのですが、わたくしと二人三脚で現在の医院を作ってくれたチーフが、、何と、、、2次虫歯の餌食に(爆)
勿論、最初の治療は私ではございませ~ん!

先月末あたりから、左下の歯がシミル~と訴えていたチーフ。そのうち時間を取って診てあげるね~なんて言いつつ、日ごろの忙しさにかまけて記憶の彼方へ(笑)。
昨日、幸いに午後1の患者さんがキャンセルになり、すかさずアポ帳に自分の名前を書きかきしていた可愛いチーフ。このタイミングを逃してしまったら、今月診る時間がないので急遽治療することに。
術前ですが、こんな感じ。

なんともなさそうに見えますが、やや画面中央上あたりが黒くなっていますね。

嫌な予感。。

少し開けてみたところ、

うっっ、典型的な2次虫歯です。詰め物と歯の隙間からの細菌侵入が原因ですね。。

症状が出てしまっていたので、もしかしたら神経まで細菌が達しているかも。。

もう少し開けてみて、

いかん、ゆっくり写真を撮っている場合でない(再)と判断、途中経過を全てすっ飛ばしますが、ほぼ虫歯を取り終えたあとです。


ぽつぽつ見えているのは、神経までの距離が極めて近い部分を殺菌するためのものです。
(実はこれをおく前に、歯医者によっては過酸化水素水や次亜塩素酸で洗うかたもいらっしゃいますが)後に載せる材料の接着力低下や神経自体への刺激が強いので、私は自医院で生成している次亜水で殺菌(というより滅菌に近いレベル)します。また、歯の横にシルバー色のクリップと緑の幕が見えますが、これも何度か金ブログでも紹介しているラバーダムです。

画面下のほうにある旧詰め物を全て除去することも有るのですが、先日ブログでご紹介した虫歯を染める液が詰め物と歯の境目に侵入していかない場合、殊更取り立てて全て外さないのが最近の世界的なトレンドです。(いわゆる、ミニマムインターベーション)

このあと、金豆でご紹介した超高性能ハイブリッドセラミックーアステリアーを積層充填し完了!

またもや時間に注目していただきたい(再)のですが、今回は16分も掛かってしまいましたが、これは麻酔を待つ時間が6分ほどありましたので、実質10分でおしま~い。

通常、今回の治療費は65,000円ほど頂戴しておりますが、当院の人財でもあり、この3年一緒に理想的な医院作りに尽力、奔走してくれた石垣くんなので特別に!
45000円!!ちなみに税別(笑)
請求書は、自宅に送付しました(爆)
院長の金村でした。