院長のセミナーラッシュ、これで第何弾目?(笑)

皆さま、こんにちは!
院長の金村です。

この歳になって勉強に目覚めたわたくし、先日のブログで宣言した通り
11月~12月の週末土日は全てセミナー満員御礼(笑)

11月18日の日曜日、先日ご紹介した岡村先生の講習会と同時開催、
スタッフ育成セミナーの一コマ。

皆さま、TTPって言葉ご存じですか?

新人スタッフにはまずこれをと紹介されたこちらの文言、
歯科医院になぜ故、環太平洋戦略的経済連携協定???

答えはこちら!

先輩のカウンセリング手技を”徹底的にパクる”(笑)
流石、大阪生まれのコンサル会社、オッサンギャク満載(爆)

このお方のギャクを丸パクリ、、

さて、例によって前置きが長くなる前に本題へ。

11月25日(日)は、東京タワー近くで開催されたセミナーへ。

この景色、どこかで見たような、、
そうです、去年のこの時期、神奈川歯科大学教授であらせられる
石井先生の根管治療セミナーに行ってましたね(笑)

去年の東京タワー、

去年の構図はやや寂しかったので、今年は朝日を入れてみますた(笑)

ミーハーなわたくし、石井先生とも写真をパシャ!

この写真からもう一年!!!早杉!!!

今回は、シロナ社で開催されたインプラントとCTのセミナ―でした。

講師の梅原先生、太っ腹です。
講演のスライド全て写メOK!

先日、拙院で採用した最新式CTを使いこなすためにも是非参加したく申し込みました。
受講者全員にPCが用意され、しっかり勉強して参りました。

シムプラントというのはシロナ社の造語です。
シュミレーション?シンプル?とインプラントを掛けたそうですが、、
まさかの、ここでもおやじギャク(笑)
ドイツ人も洒落がキツイですな。。

今回のセミナーで印象的だったのは、当院で活躍しているセレックとCTを用いることで、
インプラント埋入オペで使用するガイドを正確に作成出来ることです。

術前に、安全且つ骨がしっかりしているところにインプラントを埋入するシュミレーションをするのですが、
このガイドを用いることでミリ単位で正確に狙った場所に設置出来ます。
デジタルデンティストリー、恐るべし。
同じメーカーのCTとセレックだからこそ出来るこの芸当!

導入には、これ一台以上掛かってますけどね(笑)

僕のカバン、マイバック!(日本ではマイバッハと呼ばれますが、
ドイツ語で正確に発音するとマイバックらしいです)

このガイドを使うことで、誰でも目をつぶってでもインプラントを正確に埋入!とメーカーは仰いますが、、
ガイドがなくても、わたくしは3次元的にPCより正確に埋入出来ますので悪しからず。

ですが、より安全で高精度オペを目指して日々精進して参ります。
今回の講習で更に3Dプリンターのお話も有ったのですが、改めてご紹介しますね。

今日はこちら!

経営者は、臨床手技のブラッシュアップやや医院運営向上のセミナーなど、、
結構大変なのでございます(笑)
今日の午後は、
お上が定めた施設基準の公認取得のため、勉強してきますね。

院長の金村でした!!