院長の新年初ブログ!今年も、見落とし虫歯ゼロを目指して!!

皆さま、こんにちは。
院長の金村です。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

お正月、皆さまそれぞれ有意義にお過ごしになりましたでしょうか。
わたくしはギリギリまでセミナーに参加、12月31日に実家のある大阪に戻りました。

ここ最近帰省しておらず(出張やセミナーでは良く大阪へは行くのですが)、
久方ぶりの実家。
幼少のころから引っ越しが多かったわたくし、今の家には高校2年生から
実は綺麗な新居には約1年しか住んでおりません(笑)

実家から見る大阪平野はこんな感じです!
北は箕面市、南は藤井寺くらいまで見渡せるのが自慢!(by父親)
大阪府下で行われる花火大会は、ほぼ全て見ることが出来る絶景です(笑)

はるか真正面には、阿倍野ハルカスが見えますね!
通っていた中学~高校は万博公園の近くにありましたので、ここ(生駒山の麓ー石切駅)から
電車に揺られて大阪平野を縦断、ハルカスの近くまで行きそのあと横断、
なんと片道1時間30分‼の通学時間でした。
毎朝5時に起き近鉄電車の始発に乗って揺られておりました(泣)

しかーーーし、1分1秒たりとも無駄に過ごすことが出来ないわたくし、
特に英語や物理の法則などの暗記モノには最高な揺れと時間(笑)

本当なら両親の期待通り大阪大学歯学部に行けば良かったのでしょうが、どうしても
親元を離れて一人暮らしがしたかったので、めっさ頑張って東京医科歯科大学歯学部に現役で入学!
(実は、通っていた高校と大阪大学は同じ駅でした(爆))

と、前置きが去年以上に長いわたくしのブログ!
今回はこちら!
~象牙質に達した虫歯は、経過観察し続けても自然治癒しませーん~の巻(笑)

過去に何度かご紹介している2次虫歯もそうですが、見落とされ続けて云十年の虫歯を拝見すること、結構あります。

このかたは、最近までかかりつけ歯科で治療とメインテナンスを受けられていて、
今回ご主人の仕事場が東京になり転医されてきました。

検診をお願いされ、担当衛生士が口の中をチェックさせて頂くと、、
見た瞬間、あれれ??な虫歯を見つけたようで、こそっと私に「先生、ちょっと宜しいでしょうか。」
と呼ばれて診て見ると、

確かに入り口はほとんど空いておらず、学校や会社の歯科検診等では
”要経過観察歯”と診断されがち。。。

見た瞬間に深い虫歯であると確信、ご同意を得て治療開始・・・

すこ~し開けてみると、

ガ~~~ん(泣)
見事な虫歯ですね。。

また、これだけ大きいむし歯ですと、歯に穴を開けたとき独特の臭いがします。

口臭の原因には虫歯菌や歯周病菌が出すもの、舌苔、胃腸の調子が良くない場合
(これは医学的には否定されつつありますが)等が言われています。
戌年のわたくし、実は嗅覚も犬並み(笑)

初対面のかたとお話するとき、相手の口臭で虫歯があるかどうか、
歯周病に罹患しているか等、瞬時に解ってしまいます。嫌なやつですね~~~

また最近その嗅覚も研ぎ澄まされ、臭いの違いで神経が残せる虫歯かどうかも解るようになって来ました。
犬にも負けません(笑)!

さらに掘り進めて。。

歯の中が、コーンフレークチョコ(古!)のようになっていますね。。

虫歯を取り終え、神経を保護するお薬で埋め立てたところがこちら!

写真を見てお気づきかもですが、これらの治療に掛かった時間は10分弱。
撮影等しなければ7分程度で治療完了ですね。

これを早いと思うか遅いと思うかは、みなさま次第(笑)

今年も去年以上に、スタッフや患者さんから”神ってる!”と言われる治療を極めてみせます!!

金村でした!