1月1日より、初診料・再診料が改正されます。

2018年診療報酬改定で初診料に院内感染対策についての施設基準が新設されます。
9月末までは届出の有無にかかわらず、初診料234点、再診料45点を算定しますが、
1月1日より届出済医療機関は初診料260点・再診料51点に増点、
未届出のままの医療機関は初診料226点、再診料41点と減算されることとなりました。

当院は院内感染防止策(タービン滅菌、オートクレーブ設置、講習会受講等)に万全を期し、また緊急時の対応体制(AED設置、生体モニター完備等、院内緊急時対応の院内研修)が整っていると認定され、
関東信越厚生局から増点機関と認められております。