スウェーデン公国のイエテボリ大学って、そんなに凄いの???

皆さま、こんにちは!
ブログに引き続き、院長で済みません(笑)

衝撃的な(笑)タイトルだったせいなのか、昔からブロブを見て下さっている患者さまから沢山
”院長、大丈夫ですか”メールを頂戴しました。
ご心配をお掛けしましたが、わたくしはいつでもポジティブ発想なので元気です!
本当に有難うございます。

その中で、わたくしより若干(やや)年上の女性会社経営者さまから有り難いお言葉がありましたので、一部ご紹介。。

女性は男性と脳の形からして違うので、全く別の生き物と認識して!

勝ち負けを意識するのは男性脳、女性脳はそんなことより共栄を求めます!

褒めるときは全員の前で、それも全員に均等に!
指導するときは二人になってから!

メモメモ(笑)
月曜日から実践していきますね。また、女性がメインの職場で上手くマネージメントするために心掛けるべきテッパンが書いてある本も紹介して頂けました。
早速アマゾンで購入!

速読が得意なわたくし、本日中に読み切ります!!
わたくしが女神やて、、”かな~り無理が有るね”というツッコミは不要ですから(笑)

さてさて、何時ものように本題に入るまでが長~い金豆。
先日参加したスウェーデン公国にある、イエテボリ大学スクーリングで学んだ内容の一部をご紹介しますね!

東京医科歯科大学歯学部入学当初から、日本の歯科医療・技術は最高!と信じて勉強、大学院でも研究を重ねておりました。
イエテボリ大学。。聞くたびに、岡山のチボリ公園が浮かぶのはわたくしだけでしょうが、そんなに凄いの?何をしたからそんなに注目されるの??
と思った皆さま、ご安心下さい!
虫歯の数も80歳で残っている歯の数も大して日本と変わりません(笑)

でも、この大学の凄いところは、歯科公衆衛生向上に必要な施術事項を直接国に訴え、それがほぼ国家予算として計上されることです。

0歳~23歳まで歯科治療(ケアも含む)は無料、
2+2+2+2運動が国民全員に徹底されているetc
(2+・・・運動とは、一日2回、2cmのフッ素含有歯磨剤を用いて、2分以上かけて歯を磨き、その後2時間は飲食しない!という何とも解り易い予防法ですね。)
当院でも早速採用します!

じゃあ、24歳になって歯医者に行って虫歯の治療をしたら・・・
それはもう、、1歯でロードバイクが一台買える金額を請求されます(笑)
2歯ならビックスクーター、3歯ならアクア、、、28歯なら、なんと別荘が買えます(爆)

今回学んだカリソルブ、ペリソルブですが、中々面白い商品であることは間違いございません。

でも、先日のブログで突っ込みどころ満載と申し上げましたが、例えばどこまでむし歯を取ればいいの??という疑問に答えてくれません。
本邦には、医局の先輩たちが作った”う蝕検知液”
-詳しくは外科主任衛生士加藤くんが書いてくれたこちら

当院の拘りその2(笑)むし歯だけを取るための秘密兵器!!


を参照して下さいー
を併用したらええやんと、聴講していた半数以上の臨床家は思ったに違いありません。

折角なので、リングストローム先生に直接、自分の身分を明かした後に関西弁訛りの英語で聞いてみました!
”カリソルブでほぼ虫歯を取りきったあと、TMDU(東京医科歯科大学)のオペラティブ(第一保存学教室)が昔に開発したう蝕検知液で最終チェックしたらどないでっしゃろ”と。。

彼から、”You are right!!”、、、

だったら、講演でも言ってよ~~~とツッコミたかったのですが、
大人の事情があるのも理解しております(笑)

巷で噂の、毒、いや、ドックセメントよりは良いと思います!
院長の金村でした!!