加藤の豆知識!お子様の虫歯予防について♪

こんにちは。加藤です。

今回も前回に引き続き、お母さんに知って頂きたいお子様のむし歯予防についてお話します。
毎日の習慣にして何も考えずにできる状態がベストです!
3つの習慣をお話していきます!

 

 

 

 

 

1.むし歯になりにくい食事に変える
まず歯に悪影響を及ぼし易い物といえば、チョコレートやジュースといった糖分が非常に多く含まれる物だったりしますよね。
しかもお子様が大好きな甘い物なので、一切食べさせない、飲ませないというのは難しいです。なので分量を制限しつつ、食べたらしっかり歯を磨く事が重要です。
更になりにくい食生活を目指すなら、柔らかい物ばかりでなく、出来るだけ噛みごたえのある食べ物を食べてもらうというのも重要です。

2、歯の抵抗力を高める
年の近い兄弟がいれば分かり易いですが、同じ食生活を送っていても『虫歯になり易い子』と『なり難い子』がいたますね。
これは歯の抵抗力に違いがあるためであり、抵抗力があると虫歯菌の影響を受け難くなります。
お子様の歯の抵抗力を意図的に上げる事により、予防効果を得る事も可能です。
その方法としてはまず、フッ素歯磨きやフッ素ジェルを使用する事が大切です。
この様に歯にフッ素を塗る事で、抵抗力を高める事が可能です。
他にも唾液の性質を高める事で、歯の抵抗力を向上させる事が出来ます。
具体的には“唾液の分泌量を増やす事”であり、方法としてお子様の唾液線をマッサージするか、ノンシュガーのガムを噛む習慣で唾液の量を増やす事ができます。
唾液は非常に虫歯菌の除去能力を備えているので、上手く活用してみてください。

3.歯磨き習慣
小さな子は特に磨くのを嫌がってしまう傾向が強いですね。
お母さんとしても、「まだ乳歯の段階でどうせ生え変わるから、無理に磨かせる必要はない」何て、考えてしまうこともありますね。
ですが虫歯を生み出す菌は、口内に残った糖を利用して働きを活発化して、歯を溶解させていってしまいます。

なので口内に糖分を残したままの状態だと、そういった菌の働きを活発化させ、虫歯の症状を拡大させて行くのです。
そのため小さな子供の頃から、磨く習慣というのを習慣化して、予防癖を付けておけは、永久歯に生え変わった後も安心てす。
乳歯でまた生え変わると油断せずに、毎日しっかりと徹底して磨く習慣を根気はいりますが、楽しみながら身につけてみて下さい♪

加藤がお送りしました!