歯にいい食べ物とは!?

皆さま、こんにちは。
歯科衛生士の門田です(^O^)

昨日は、急激に寒くなりましたね!!!!
もうコートの季節、、、

あんまりコート着ないんですけど(笑)

寒くなってきたおかげで、コロナ感染者がとても増加しました。

皆さまも体調には十分にお気を付けてください!!

さてさて、
皆さま、こう考えたことありませんか?

日常生活から自分自身が歯について気を付けられることはないだろうか、と。

歯にいい食べ物とかないだろうか?
そう、考えたことはありませんか?

そこで、今日は、歯に良い食べ物を紹介します。

気をつけていただきたいのは、紹介した食べ物を食べていれば、むし歯にならない、
歯周病も安心ということではありません。

食べた後は、しっかりと歯磨きをして汚れを落とす必要があります。基本はセルフケア。
ご自宅での歯磨きが最も大事です!!!!

このことを忘れないでください(^O^☆♪

1.歯を強くする食べ物
カルシウム、ビタミンA、ビタミンCを含む食品は歯を強くしてくれる食品です。
魚介類や海藻類、牛乳などの乳製品はカルシウムを多く含み、シイタケなどのビタミンDを多く含む食品は、カルシウムの吸収を助けてくれます。

魚の骨まで食べてしまえば、更なる効果が期待できます。(のどを痛めないように注意必要です)

海藻類:ヒジキ、わかめ、昆布、海苔など

乳製品:パルメザンチーズ、プロセスチーズ、カマンベールチーズ、無糖ヨーグルトなど

酸性品は歯を溶かす可能性があるので食べすぎは注意です!

ビタミンAを含む食品:にんじん、パセリ、海苔、わかめなど
ビタミンAは歯のエナメル質を強化します。

ビタミンCを含む食品:パセリ、ピーマン、ケールなど
ビタミンCは歯の象牙質の形成を支えます。

私たちは食べることで、生活に必要な栄養を得ています。この為には、咀嚼する歯が大切になります。

日常生活の中で”歯に良い食べ物”だけを選択することはできません。
少しずつで大丈夫です。意識することから始めてみてください!

だがしかし!はやり1番大切なのは歯磨きです。

そこで私がおすすめの歯磨き粉をご紹介させてください(^O^)/

こちら!チェックアップです!

フッ素滞留性を高めた歯磨き粉です。フッ素が口腔内のすみずみまで広がりやすい
ソフトペーストで歯や歯肉にやさしい低研磨性です。また、泡立ちが少なく、
やさしい香味なので、少量の水ですすげます。

ちなみに小児用もあります。

ちなみにうがいは、せっかくのフッ素が流れてしまうといけないので一回で十分です!

皆さまの歯の健康が一生続きますように
門田は願っております!!!!
ご拝読有難うございます❣