歯医者で作るマウスピース!

皆さま、こんにちは。
ジョーンズです!

今回は、意外と現代人の身近なところに潜んでいる!?”歯ぎしり”についてお話ししたいと思います。

起きた時に顎が疲れていたり、首や肩が常に凝っている…もしかしたらそれは歯ぎしりが原因の一つかもしれません。

初診時や定期検診などで歯ぎしりを指摘される患者様は少なくありません。

かくいう私も歯科に勤めるようになってから自分が歯ぎしりをしていることに気づかされました…(^^;

歯ぎしりといっても色々あります。
無意識に歯を鳴らしたり、ぐっと食いしばることも大きなくくりでは歯ぎしりと言えます。
こちらに簡単なチェックリストがありますのでぜひ確認してみてください!!↓

・起床時に口の周囲がこわばる、あごが疲れる、だるい

・歯にひびが入っている、もしくは、磨耗して欠けたような歯がある

・口を閉じた状態で、口の中で上下の奥歯がくっつく

・パソコンの操作中や運転中など集中しているときに、無意識に歯をかみしめている

・頬の内側にかんだあとや、舌に歯形(圧痕)がついている

・常に肩こりがひどい

・頭痛がひんぱんに起こる

・耳の下からあごにかけて、凝りやすい

・冷たいものを口に入れるとしみる

いかがですか?
それぞれ必ず歯ぎしりが原因というわけではありませんが、1つでも当てはまるものがあれば歯ぎしりを気にかけてみてもよいかもしれません。

ただ歯ぎしりは無意識のうちにしてしまうものなので、気にかけるだけでは治らないのです…。

歯ぎしり自体はすぐには問題なくても、長く続けば歯の寿命が短くなります。

また、歯ぎしりから顎が痛んだり、開かなくなってしまう
「顎関節症(がくかんせつしょう)」をも引き起こす可能性があります。

当院では歯ぎしり予防が必要と思われる患者様には、マウスピースをご案内しています。

せっかく治療した歯はより長く綺麗に保たせたいですよね?

マウスピースの装着状態は慣れるまでは違和感を覚える方が多いですが、慣れてしまえば全く気にならなくなります!

私も歯ぎしり食いしばりで自分の歯が磨耗する、欠けることがしばしばあり夜は必ず使用しています(・ω・)

自分では気付きにくいからこそ、虫歯のチェックだけでなく歯がすり減っていないか、欠けていないかのチェックもプロに任せたいところです。

もちろん日頃から食いしばらないようにすることも効果的ですが、少しでも上記に気になる点がありましたらマウスピースを検討していただいてもよいかと思います。

当院では材質の違いにより保険のもの、自由診療のものとご用意がありますので、お気軽にご相談ください(^_^)☆

ジョーンズでした!