鎗野目の豆知識!着色汚れについて!!

皆様こんにちは!
受付の鎗野目です。

今回は歯の着色汚れについてお話しします。

歯の着色汚れはステインとも呼ばれ、飲食をする中で付着します。
歯磨きをしていても少しずつ蓄積されていくので、歯磨きの回数が少なかったり、磨き方があまり丁寧でなかったりするとより付きやすいです。

着色汚れの原因としてはタバコのヤニ、飲食物では紅茶やコーヒー、赤ワイン、カレーなどが有名かと思われます。

紅茶や緑茶、ウーロン茶などはタンニンという、渋みの元となるものが含まれています。この成分が原因となり、コップや急須に茶渋が付くように、歯の表面にも着色します。様々なお茶に含まれますが、紅茶が最も含有量が多いです。
カレーは含まれているターメリック(ウコン)が着色の原因となります。
天然の着色料としても用いられるものなので、洋服などにも付着すると黄色っぽいしみが付いて取れにくいかと思いますが、同じように歯にも着色します。
カレーの他にも醤油やソースなどの、付着するとしみになってしまうような色の濃いものも、同様に原因となります。

コーヒー、赤ワイン、チョコレート、他にも大豆製品やりんご、ブルーベリー、なす、柿などによっても着色することがあります。これらの飲食物には共通してポリフェノールが含まれており、この成分が原因となります。

コーヒーは独特の香りや苦味の元となるクロロゲン酸が、チョコレートは含まれているカカオマスポリフェノールという成分、大豆製品に含まれるイソフラボンが、それぞれポリフェノールの一種です。

着色汚れを抑える為には、日頃から歯磨きを丁寧に行うことはもちろんですが、飲み物であればストローで飲んだり、飲んだ後に水を飲むか、口をゆすぐことでも抑えられます。

また、歯の表面が傷ついていると、その部分に着色してしまいやすいので、あまり力を入れて強く磨きすぎないということも大切です。

しかし、一度着色汚れとして沈着してしまうと、水には溶けないため、口をゆすいでも歯を磨いても、簡単には落とすことができません。
そのような汚れは歯科のクリーニングによって落とすことができます。

皆様が検診でいらしたときにお受けになるクリーニングが主な方法ですが、保険適用のクリーニングでも落としきれないような強固な汚れになっている場合があります。

そのような時は、以前衛生士さんのブログでもご紹介しておりましたエアフローという道具が有効です。強い風で粉を吹き付けて汚れを落とします。
こちらは今現在当院にあるものですが、新しいものも購入しており、届き次第そちらを導入する予定です。

また、以前の豆知識でご紹介したリナメルペーストは、歯の表面を補修する効果があります。表面がとてもつるつるになりますが、そうすることでも汚れがかなりつきにくくなります。

こちらの2点をセット5400円で行なっておりますので、汚れの気になる方はぜひご検討ください(^O^)

汚れの原因や付着状況はそれぞれなので、詳しくは拝見してからとなります。
汚れが気になる方もそうでない方も、まずは検診からお越しいただければと思います。

以上、鎗野目でした。