院長の豆知識、オンディーヌウォーターの効能!

皆さま、こんにちは。

院長の金村です。

当院で採用した高濃度次亜塩素酸水(オンディーヌウォーター)に、

多くのお問合せを頂いておりますので、簡単に効能等を説明します。

 

厚生労働省が公表した見解では、次亜塩素酸水(以下、次亜水)とは

「殺菌料の一種であり、塩酸又は食塩水を電解することにより得られる

次亜塩素酸を主成分とする水溶液」

とされております。

当院では、取り扱うスタッフの安全を考慮し、食塩水を電気分解して生成しております。

 

日本では平成14年6月に、食品添加物として指定され、使用基準・成分規格が定められました。

「次亜水」は、厚生労働省が太鼓判を押した、安全で殺菌効果がある水溶液なので、

食品添加物として認定されております。

 

次亜水そのものが、もともと人の体内で作られ、白血球が病原体に対して免疫機構の

攻撃物質として用いているものです。なので、強力な殺菌効果を持ちながらも、

人体には全く影響がありません。

さらに次亜水は、有機物と接すると分解して水になるため、人以外の動物や植物にも有効で

多方面での使用が可能なのです。

 

以下、5分でわかる次亜水HP(http://ziasui.com/index.html)より抜粋

 

・ほとんど全てのウイルス・細菌除菌効果があります。
・ウイルス・病原菌も除菌します。
・有機物と反応し分解するため、消臭効果もあります。

 

・万が一、飲んでしまっても人体に害はありません
・直接、肌に触れたり、目に入っても影響はありません。
・有機物と触れると分解するので、残留性もありません。

 

・空間噴霧するだけで、細菌・ウイルスを除菌します。
・有機物に反応すると、「ただの水」になります。
・他の薬剤に比べ劣化速度が遅く、環境にも優しい成分です。

 

これからの季節、食中毒等が一番流行る時期ですね。

裏ワザですが、次亜水を市販の霧吹き器に入れて(容器は乳白色のものをお薦めします)
ご家庭でのまな板の消毒や、赤ちゃんの遊具などの除菌にも使用することが出来ます。

また毎日のうがいに使用することで、風邪やインフルエンザ等も予防することが出来ます。
勿論、毎日の歯周病ケアにも有効ですので、一度ご相談下さいませ!

院長でした。